123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-03-07 (Sat)
   

 河合隼雄さんはだいたい人はこの位置から物事を見ないよなあという位置から見て本質を掴み取る方。
 よしもとばななさんはこの世の中に存在する真実をわかり易く的確に表現する事にかけてはピカ一な人。

 この2人の対話集

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  この2人の対話集が面白くないはずがないと思ってたけどやっぱり面白かった。
 この世の中のからくりというものがすっきり頭に入ってきた感じだ。

 私は村上春樹さんも好きだけどよしもとばななさんも好きだ。
 村上さんとはまた違ったトーンをお持ちのよしもとさんと河合先生の対話はこれまた味わい深い音色を2人で奏でてて、前記紹介の「村上春樹、河合隼雄に会いに行く」と読み比べたら面白い。

 興味深かったのはよしもとさんの「作家になる」という思いである。 才能も大事だけど「必ずなる」という思いがそれ以上に大事だと。
 全く同意見である。
 物事に対しては「才能」も勿論大事だけどそれ以上に「強い思い」が現実を強く引きつけると思う。

ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  

 

 
| よしもとばなな | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。