12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-03-07 (Sat)
   

当時しかるべき時期を迎えていた村上さんが心理学者である河合隼雄に題字通り会いに行く

 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  このお二方の対談であれば読まずにはいられないという具合なナイスなタイトルだと思う(そのまんまだけど。。。)。
 個人的に村上さんは言うまでもなく、河合さんとも私は同じ「感覚」を持っている気がした。
 この方の書く文章は「ストン」と入ってくると言うか、なんか感覚的な部分がハマル感じだ。
 読んでいてひたすら気持ちの良いトーンに浸っているという感じがした。
 
 あの村上さんが気持ちよく語ってらっしゃるなあというのがホントに伝わってきた。
 なんか同じポイントを持っている者同士の響きあいという感じ。 

 お2人共決して物事に対してストレートな見方ではなく、一般の人とは違う見方をしている感じがした。
 その見方が正しいかどうかよりも、一応ノーマルとされる見方に対する別の見方という位置において
色々考えさせられた。

 *蛇足だけど一度このお二方の対談を生で見た事がある。
  河合先生はイメージ通りという感じだったけど、村上さんは思っていたよりも声が低いというか渋いというか(決して高い声音の人とは思っていなかったけど)そこがやや意外だった。
 村上さんはシャツに短パンというイメージだったのでスーツ姿で出て来られた時は
 一瞬誰かと思いました(いや、似合っていたんですがイメージというのは恐ろしい)。
 

 ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  

 

 
| 村上春樹 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。