123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-01-31 (Sat)


1992年5月24日-漫画家山田花子さんは自ら命を絶った。
 「みんなウソつき、裏切りもの、他人を当てにするな」
 「私は何処にいても邪魔者」
 

この本は彼女がまるで吐き出すかのように言葉が綴られた日記が基になっている。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 この本は随分前に出版され随分前に読んだのだけど、本屋でこの本を見た時、
 「買ってくれえー」 
 というオーラを感じていた。ただ何分も直感的に自分の抱えている目をそらしたい部分と同じ匂いを感じ購入を躊躇していたが、本屋に行く度の「買ってくれえー」オーラに根負けしてしまった。

 この世の中に多数派の者もいれば必ず少数派の者もいる。一般という「ものさし」から見ればその人達はズレている。山田花子さんは(私も)少数派に存在する。
 山田花子さんが何とか皆と同じ「ものさし」に合わせようと努力しつつも、それでもはみ出してしまう彼女のほとんど狂気に近い苦悩と絶望が記されており読んでいて苦しくなった。
 今思えば別にものさしが違っていてもそれでも良いのではないかな、自分が持っているものさしで計れる人達と生きていけば良いのになあとも思うけど。
 それは私が多感な時期を潜り抜けて、今いる場所になんとか辿り着いたからそう思えるのかもしれないけど。

 ただ。。。たいていこういう本を読むと、
 「うん、うん、わかるよ、わかるよ」
 と思うのにこの本は、
 「うん、うん、わかるよ、わかるんだけどさあ」 (この違いはなんだろう。。。)
 と思ってしまう。。。自分勝手というかそういう部分も確かにあるのでそう思ってしまうのかなあ。

 一般とはものさしの違う人達。でも確かに存在している人達の、そういった一人である山田花子さんの彼女が感じたであろうその存在の痛みを、こういう人が生きていたのだということを知れてよかったと思う作品だった。

 応援お願いします

 
| 山田花子 | COM(4) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。