12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-12-18 (Sat)


 とある静かな空気がおいしいというのが取りえの田舎町でとんでもない事件が起こる。
 小学校4年生のエミリという美しい少女が作業員を装った男性に暴行を受けた上殺されてしまう。声を掛けて来た犯人を見たのはその時エミリちゃんと遊んでいた同級生の4人の少女。だが彼女達は何故か誰も犯人の顔を覚えておらず結局捕まらなかった。
 そして中学二年生の夏4人の少女達は町を離れるエミリちゃんの母親に呼び出され、犯人の顔を覚えていない事を罵倒されキツイ言葉を投げつけられる。その言葉は少女達のその後の人生を縛るものとなり彼女達は人生を狂わせて行く。。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 *若干ネタバレ有り

 湊かなえさんの作品はこの「贖罪」と「少女」の2作品しか読んでいない。2作品しか読んでいないのに「湊かなえの世界」を語っていいのかなと思いつつも、他の作品を読みたくても図書館派の私はどえらいこと待つハメになる。それ故とっとと語ってしまうが、なんとなく彼女の作品は語りたくなる何かを持っている。

 「残酷性」がある。その残酷さは「黒乙」と呼ばれる乙一さんのような酷薄的なでもどこか怖いもの見たさで指の隙間から覗き見したくなるような魔力を持つものではなく、どこかクールというか突き放しているとでもいうのか。 どこかジワッと来る、そして自分のどこかの感覚部分にこびりつくような感じの残酷さ。

 この作品も「残酷性」を味わえる作品である。
 大人になった元少女達が「過去」に引きづられ飲み込まれてしまう、それが数珠繋となった短編連作で最後にエミリちゃん事件の真相が判明するというセット内容である。
 元少女達の「どんなが落とし所が待ってるのかしら?」という湊さんのサド振りを割りと楽しんだ。
 でも「ある人物」だけは気の毒で気の毒で仕方無かった。ラストで本当に「サラッ」と書かれているのだけど、この真実はきつすぎる。私が「ある人物」だったら生きる事に耐えられないと思う程。
 元少女達の残酷話はそれはそれ「まあ湊さんだからなあ」という感じでお家芸だなと思いつつ読んでいたけど、「ある人物」の残酷さはスペシャルである。
 こういうのをサラッと絡めるのは湊セオリーなのかと思う。

 登場人物の書き方も面白かった。とくに「いるいるいるこういうタイプ」と思ったのは殺されたエミリちゃんのお母さん。 
 エミリちゃんのお母さんは自覚の無い「困ったちゃん」タイプ。自分を支点として周囲に波紋を起こしてしまう。本人は悪気も無いしそういうつもりではないのだろうけど、結果論周りを振り回してしまう。で、当の本人は自分は被害者等とのたまえるおめでたいタイプである。
 まっ、その「困ったちゃん」だからこそ起こったエミリちゃん殺人事件なんだけど。。。。

 また湊さんのサド振りが楽しみたいので他の作品を予約しようかどうか「告白」の予約状況600人待ちを見て悩む。
 

指の運動にポチッとお願い致します。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
| 未分類 | COM(6) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。