123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-11-03 (Wed)
   

 蘭専門の植物園で働く実那子(中山美穂)は、3ヶ月後に恋人・輝一郎(仲村トオル)との結婚を控えていた。実那子自身は当時の記憶を失っているが、実は15年前の「市議会議員一家惨殺事件」の生き残りの次女である。事件直後、警察は実那子の姉である貴美子と恋人関係にあった大学生、国府(陣内孝則)を逮捕した。

ある日、実那子は事件の直後にもらったラブレターを見つけ、その差出人に会うため故郷の”眠れる森”に出かける。そこに待っていたのは、実那子の過去から現在までの全てを知る謎の男・直季(木村拓哉)だった。同じころ、模範囚だった国府が仮出所し、「あいつに相応しい地獄を考えている」と告げて行方をくらます。

不審・不可解な行動をする人物が錯綜する中、実那子の葬られた記憶と過去、そして惨殺事件の真実が明らかになっていく。-ウィキメディアより






 「ロングバケーション」で木村拓哉さんの役者業に惹かれ「眠れる森」を見た。
 この作品は「ミステリー」である。
 「眠れる森」がヒットするまでは、1990年代後半においてテレビドラマ界でミステリーというカテゴリーの作品はかなり珍しかったのではないかと思う(これ以後は増えたが)。
 今から思えば中山美穂、木村拓哉という超人気者が主演とはいえ思い切った事をやったなと思う。このお2人を起用するなら普通は恋愛物を考えるだろう。

 ミステリーとしての評価なら「中の中」かなあと思う。ミステリーを読みなれている読書通には物足りないだろう。
 ただテレビ界という制約がある中での「ミステリー」としてなら最上の部類だと思う。
 ミステリーというのが「ワクワクさせてくれる高揚感」を連ねてゴールへと向って行く代物だとするなら、この「眠れる森」は見事その流れの勢いが衰える事なく終着地点に辿り着いている。視聴率が右肩上がりなのがその証明とも言えるだろう。
 音楽、脚本、出演者等隅々まで磨かき尽くされた耀きを放っている(ただ同じように木村さんが出演した「ロングバケーション」のような神がかり的作品とは違うかな。質的にはどちらも甲乙付け難いハイレベルだけど、神が宿ったのは「ロンバケ」だ)。
 
 テレビドラマでミステリーが難しい理由の一つに、犯人役を演じる役者のランク(という言い方は失礼だけど)によって見てる側にすぐ犯人が推察されてしまう場合がある。
 でも「眠れる森」に出演されていた役者さん達は全員と言っていい位に一流の役者さんを揃えている。だから穴場の役者がおらず誰が犯人か役者で悟られないように煙幕をかけている。
 そしてそれぞれの役者さんがミステリーのピースとなる役割をしっかりと演じてらっしゃる。
 でも正直言ってこの作品における木村さんの演技は可もなく不可もなくという感じであるただ中山美穂さんと木村拓哉さんのビジュアルは恐らく最美期で神々しいまでに美しい。目の保養だけでも見る価値有りとも言える。
 とにかく脚本が上手く練られていて「謎」の仕掛けが上手く、また様々なモチーフの絡め具合が素晴らしくて次へ次へと引っ張るドラマとなっていた。 

 この作品は殺人(しかも一家惨殺)というモチーフが扱われているのに何故か陰惨な感じはない。
 それどころかミステリードラマなのに見ていて「生きろ」というメッセージを感じていた。決して声高にメッセージを伝えているわけではない。でも作品の細胞の一つ一つが「生きろ」というベクトルが向っている気がする。
 「眠れる森」はエンターテイメントな面白さだけでなく、そういう深さを持っているドラマでもあった。
 ただこの脚本を書かれているのが自殺された野沢尚さんだというのが、彼が亡くなられた現時点においては皮肉になってしまうのが残念だし悲しいなあと思う。

 でもこの時点における野沢さん作品からのメッセージは信じたいなあと思う。


  指の運動にポチッとお願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
| ヒトリゴト | COM(4) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。