12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-10-09 (Sat)
 

 水無月は神様へ祈る。
「どうか、どうか、私。これからの人生他人を愛しすぎないように。私が私を裏切ることがないように。他人を愛するぐらいなら、自分自身を愛するように」

 離婚の痛手を負いただ「もの」のように無感情に生きる水無月はバイト先のお弁当屋で小説家創路と出会う。彼の小説のファンであった彼女は思いもかけない流れで創路の愛人となり運転手兼アシスタントとなる。
 創路は傲慢で我侭だがどこか憎めない愛嬌もあり、それまでの自分とは違う一面を引き出す彼に水無月は全力で尽くす。
 だが創路は女癖が悪く数々の愛人がおり、他の愛人を蹴落とす画策する。
 水無月あれ程苦しみぬいた恋愛の世界に自分を再び溺れさせていく。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 この作品は小説家山本文緒さんの出世作だろう。吉川英治文学新人賞受賞され、かなり絶賛された作品である。
 が、私は正直な所この作品はそれ程好みではない。
 山本さんは女性特有の「こり」を書くのがべらぼーに上手い人だけど、「恋愛中毒」は傷付いた女性の深いこりをずっと「こりこり」といじくっているような感覚がして、その感覚が好きになれないのだと思う。
 ただお話は文句無しに面白い。それまでの主に感性で読ませる作品世界に作家としての技量の巧みさが加わった感じである。この作品辺りから一皮剥けて一気に才能が花開らかれた。

 タイトルと初めの方に出てくる水無月の「どうか、どうか、私。これからの人生他人を愛しすぎないように~」という文言と「あの山本文緒である」からして「きっとこの作品ただものではないんだろうなあ」と若干身構えながら読んでいた。
 中盤までは水無月が送る愛人生活のフツーの描写の傍ら、彼女の破綻した結婚生活と折り合いの悪い両親の描写が織り込まてれ終盤辺りの狂気の萌芽の呼び水となっている。
 水無月は「被害者意識」の強い人間で、世界と仲良く出来ない周囲は敵だらけだと思うあまりお友達になりたくないタイプである。
 そういう彼女に共感は出来ないのだけど、解かり合えない相手との人間関係のやるせなさというか脱力感が上手く書けていてそこに私は惹き込まれた。
 嫌悪感と同情を抱かせる匙加減のバランスはお見事。

 せっかく身構えながらつらつら読んでいたのに、普通の女性のお話なのかと思っていたら終盤辺りからビックリの展開が私を待っていた。普通の人の仮面を脱がせ狂気を表現するやり方が上手いと思った。ある種ミステリーのカタルシスである。
 水無月の恋愛への溺れっぷりが半端なく見事な溺れぶりである。
 他の愛人達のように「保険」をかけたりせずただ真っ直ぐに愛する。そういう愛し方は不器用で賢くないのだろう。愛し方があまりにもいびつだけど、どこかその不器用さに同情にも似た愛おしさも感じる。

 ただ水無月の愛し方は果たして恋愛なのか?それとも自己愛なのか?
相手が痛がっているにの気付かない位強く好きな人の手を握り過ぎ、結果本人は意図していないのに相手をとことん追いつめ傷つける。そういう愛し方は他人が好きというよりは本当は自分が物凄く好きなんじゃないのかなと思う。相手を見ていないのだから、自分しか見ていない。
 恋愛というのは多かれ少なかれ自己愛の部分はあるけど、オーバーラインを超えたら狂気というか執着に近くなる。
 じゃあ本当の意味で他人を愛する、自分を愛するというのはどういう愛し方なの?と問われたら、今の私には正直わからないけど。
 
 山本さんの作品は女性特有のこりやあくを鋭く書き出しながらも、ある書評の言葉を借りるなら「慈しみ」があった。この作品には「慈しみ」があまり感じられずその辺りも私好みではない要因だと思う。
 ただ1人の女性が不器用に愛する様を冷徹に書ききった部分が山本さんなりの「慈しみ」なのかなとも思う。
 
 
指の運動にポチッとお願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| 山本文緒 | COM(6) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。