12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-09-15 (Wed)


 刑事の小暮は妻を亡くしてから男手一つで1人娘の菜摘を育てていた。忙し過ぎる為に娘との時間を持てない現状を変えるために、転属願いをするかどうかが今の目下の悩みであった。
 ある時足首が切断された少女の遺体が発見される。小暮はその事件を担当する事になるが名島というエリートの女刑事とコンビを組まされる。彼女も夫を亡くして息子を女手で育ていた。自分より一回り違う若い女性とのコンビに戸惑っていたが、名島刑事は中々に着眼点も鋭く有能であった。
 連続殺人事件となるが手かがリが少なく捜査は難航する。小暮は捜査中に一連の殺人事件がある都市伝説を模倣している事に気づく。
 その都市伝説はあくまでも香水の新ブランドを売り出す為の口コミを利用する為の噂に過ぎなかったのだが。

 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  色んな作風に果敢にチャレンジされている萩原センセの初!!!ミステリーらしいけど、やはり実力のある方だと再認識させられる質の高さである。
 良い意味で「ミステリーの見本」だなあと感じで、本当に基本はオーソドックスなミステリーである。だから読み慣れている方なら犯人が途中である程度予測がつくのではないだろうか?
 勿論だからと言って面白さが削がれるわけではない。

 ミステリーとして安心して読める手堅さだけではなく、元広告会社にお勤めだったようで口コミの効果の凄さの話等付属する+αに魅力がある。
 それとやはり萩原さんの持ち味で魅力と言えるキャラクター造形の上手さがある。萩原さんのキャラクターは作品内でちゃん彼等が生きているなあという存在感がある。
 特にメインキャラとなる小暮刑事と名島刑事がいい味出しているのである。カラーの違う2人の派手さは無いが地味ながら「イイ感じ」のコンビネーション振りで面白い。
 読み終えて萩原さんはやっぱり上手いなあと思った。

 で、
 解説を読むまでは上記に書いた通りの感想を抱いていた。
 どうやらこの作品「隠しだま」があったようである。解説者の方は詳細は省かれていたので私にはそれがどういうものか全然わからなかったし検討もつかなかった。
 「何?私、のけもん?」
 と、あせりつつ他力本願の元であるネットで検索をした。

 探りを入れた結果、ラストの一行がどうやら肝だとわかった。
 単行本も文庫本も帯に「衝撃のラスト一行に瞠目!!!」という煽り文句(売り文句)があったようであるが、私は図書館で借りているので帯の言葉は知らなかった。
 再度ラスト一行を読んだ時、
 「エッ!!!!!!w( ̄△ ̄;)」
 とびっくりした。
 もう一遍読んで、
 「マジッ!!!!!!(⌒▽⌒;) 」 
 と思った(驚き度を表現する為にめったに使わない顔文字を使わせて頂きました)。
 これはオチの意外性におったまげた。普通に読み終えたのにたった一行のストレートパンチでいきなりブラックな世界に突き落とされた感じである。
 ラスト手前が本当にほのぼのというかまったりというか、ネタばれになるので詳細は省くが「縁側でお茶飲んでいる雰囲気」(あくまでも例えです)だったので余計にパンチが効いた
 でもミステリーとしてのカタルシスではない。練られた構成か狙った構成かの判断は迷う所だけど、突っ込みたくなるギリギリラインで留まっている感のある意外性が効いてるのだと思う。
 それとラストたった一行、数文字での種明かしの上手さによる勝利だと思う。

 萩原さんの読者へのサービス精神に乾杯(完敗)だ。
  

ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
| 萩原浩 | COM(4) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。