123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-09-01 (Wed)


  念力放火能力者を持つ青木淳子は力の放出場所として選んだ廃工場である事件に遭遇する。
 何人かの若者達が1人の男性を始末しようとしていたのだ。姿を見られ襲われそうになった淳子は自らの能力で次々若者を炎で燃やしていく。
 たが肝心の「アサバ」というリーダー格の男を逃してしまう。まだ息のあった男性からなつこという女性を助けてくれるように頼まれた淳子は、男性の仇打ちと女性の救出の為に「アサバ」を追う。

 石津ちか子は今年47歳になる女刑事である。廃工場の事件の詳細を知らされかつて同様の焼死体で発見された荒川河川敷焼殺殺人事件を思い起こす。
 それは女子高生連続殺人事件の第一容疑者でありながら決めてとなる証拠が無い為に裁きを受けなかった若者が、無残な焼死体で発見された事件であった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 *ネタバレ有り 

 古くは「必殺仕事人」等の「必殺」シリーズや「ハングマン」今なら「ジョーカー」等、法の裁きを免れた悪を成敗するというお話は喝采を浴びるものなんだなあと思う。かく言う私も大好きであるが。
主人公である青木淳子は念力放火能力者である。自分の能力に「意義」を持たせる為にその力を持って無軌道な殺戮を犯す者達へ制裁を加える。宮部みゆき版「必殺仕事人」という感じだろうか。勿論宮部様なので単なる勧善懲悪ではなく色んなおみやげをご用意して下さっています。

 淳子は「超能力者」ではあるが読んでいて感情移入した。彼女が自分の危険なしかし強力な能力を誰かの役に立つ方向に使いたいと願い、それを裁かれない犯罪者への「制裁」に使うのは正しいかどうかは別として共感出来る。
 淳子に制裁を加えられる極悪人は本当に「100%純生」という感じの悪いやっちゃなので、彼等を炎で焼き尽くすシーンは正直読んでいて痛快、爽快であった。特に一見弱者の立場と言える「か弱い女性」に与えられた強力な武器だからこそ余計にカタルシスを感じるのである。 

 また淳子を取り巻く他の登場人物達のエピソードが実に面白いのである。
 淳子と同様の念力放火能力を持つ少女かおり、まだ力のコントロールの効かなかった幼き頃の淳子によって弟を殺された刑事の牧原、そして同じ様に特殊な能力を持つが故に孤独な浩一等。
 彼等のパズルのピースで出来上がってくる図柄に惹きこまれるようにページを進めた。
 特に石津ちか子という女刑事の存在は淳子とは真逆のスタンスを持つ者として、この作品における正義という秤のバランスを取る存在のような気がした。
 登場人物達の心情が丁寧に書かれていて「超能力」という設定が非日常感を感じさせない。

 読んでいくうちに自分は正義の実現をしていると思う淳子がだんだん闇に飲み込まれて行くのが切なくなってくる。その闇は人を殺すごとに淳子が気づかぬままに彼女の心を侵食しているように感じた。彼女が手にかけた犯罪者達とは全然違うスタートラインに立っていたはずの淳子が途中から同じゴールに向っているように思える。 
 相手より絶対的な優位な力を持ち他人の生殺与奪を握ってしまうのは神に等しい存在である。その魔力に善良なはずの淳子でさえ抗えない。

 「凶悪な犯罪者に対する私的制裁は肯か否か、それは正義なのか?」 
 というテーマは色んな作品で語られている。
 私個人はやはりどれ程正当な理由があったとしても殺してしまったら「同じ」だと思う。ベクトルは違っても、結局は「命」を奪うという着地点は変わらないのだから。
 奪っていい命か殺していい命かの判断や「正等な理由」のライン引き等は人間の担うものではないのである。
 それをやってしまったら文中の言葉にあるように「自分勝手な生物」へと成り下がってしまう。
 石津ちか子の「遠回りでも、安全運転で正しい目的地を目指す」スタンスが絶対的に正しいとは言わないが闇に迷わない道だと思う。
 
 この作品を読んで中村主水の自分は正義の味方ではなくろくでなしに過ぎないという考え方はすがすがしいのだと思うた。

 

 ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| 宮部みゆき  | COM(4) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。