12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-08-28 (Sat)


 日常に潜むちょっとした影を宿した17編の短編集。

 「小さな耳」
 妊娠中の由香里はセールスマンの口車に乗せられて高い胎教用の教材を購入する。それは高校の同級生であった辻堂真希子へのライバル心からであった。当時は自分の方が成績は良かったが、彼女は今天才児辻堂大介君の母親としてマスコミに脚光を浴びていた。
 だが騙されてしまい残りの教材も送られてこず支払ったお金も返って来なかった。お腹の子にその一件を教訓話にして語る事によって自分を慰める由香里であった。
 生まれてきた我が子の博文はどこかおっとりしたのんびり屋さんであった。天才児に育てようとするも人並みより発育の遅い我が子にその願いもあきらめる。だがそれでも由香里は博文が可愛くて仕方がなかった。
  博文の通う幼稚園で誘拐未遂事件が起こる。夫と共に絶対知らない人に付いて言ってはダメと博文に諭すが彼からは意外な返答が有り驚く由香里であった。
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 祝!!!完走「女友達」の記事でも書いたように新津きよみさんは短距離ランナーに向いている作家さんだと思う。
 「彼女達の事情」はショートショートで新津さんの短距離ランナーとしての技量が遺憾なく発揮されている。
 短編の上手さは詰まるところ作者の「センスの良さ」がどれだけ作品に反映されるかではないだろうか。
 長編はさすがにセンスの良さだけでは乗り切れないけど短編ならその瞬発力でゴールに突っ走れる。新津さんのセンスの良さがイイ感じで活かされている。
 ホラーあり、ミステリーあり、ホロリありと様々なストーリーが用意されているがどれもキレがあり粒揃いで唸らされる。
 ショートショートというかなり限定されたフィールドで「短距離の名ランナー」と思わせる走りをする新津さんに拍手である。

 17編の主人公達はほぼ女性である。タイトルの「彼女達の事情」というのは上手いつけ方したもんである。
 解説に「日常を一歩だけ踏み越えてしまった彼女たち」とあるが、本当に僅かに日常からブレてしまいそれ故シュールな世界を体験する女性達の物語である。
 自分にも起こり得るような身近な話というわけではないが、誰しもその一歩を踏み越えてしまう可能性は常にはらんでいるんだろうなあとは思った。良い意味の非日常なら退屈しのぎに歓迎だけど、悪い意味の非日常はホラーよりゾクリとする怖さがある。 
 
 幾つかの「彼女達の事情」を紹介すると、
 今の生活に満足しつつも若干退屈している主婦の容子は夫の後輩をつまみ食い。その後輩夫婦をホームパーティに招待するが、相手の奥さんの手作りのケーキの中に仕込まれていた「ある物」に気づきバレていないと思っていた浮気が知られている事を悟る「ホーム・パーティー」
 由紀子はコブつきの山路との結婚を真剣に考えており、彼1人娘の佐織と遊園地で顔合わせする事になる。観覧車に一緒に乗ろうと提案する佐織に由紀子は高所恐怖症のなので躊躇するも仲良くなる為にと同意する。佐織の態度に結婚に反対の意志を読み取るが、その態度は23年前の父親の結婚をある方法で壊した由紀子自身の姿であった「冬の観覧車」
 
 そして私が一番気に入っているショートショートが「小さな耳」
 この作品集の中でも毛色が違う作品である。他の作品が大なり小なり影を含んでいるのに対して、この作品は一種の清涼剤のような優しいトーンの話になっている。
 由香里はいわゆる親馬鹿なんだろうけど可愛いタイプの親馬鹿である。それが上手く作品の中でエッセンスとなって作品を仕上げている。
 「胎教」がキーポイントなのだがラストでそのオチが凄く効いている。オチのカタルシスいう意味では他のショートショートに幾つも優れたものがあるが、この作品の優しい気持ちを抱かせるラストに一番気持ち的なカタルシスを感じた。

 「新津きよみ」という作家の試食には中々もってこいの作品集ではないかと思う。
 

 ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| 新津きよみ  | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。