12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-01-31 (Sat)


弁当工場の夜勤で働く香取雅子は同僚の弥生から「夫を殺した」という電話を受ける。
 雅子は弥生の夫の死体をグループを組んで仕事をしていた他のメンバー、ヨシコ、邦子にも手伝わせてバラバラにして捨てる。
 それが各々の人生を大きく揺るがす全ての発端で有り、始まりでもあった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 これはとにかく「凄い」作品であった。のめりこむように読んだ。数多く本を読んでいると大体話の方向というかストーリーがつかめるのだけど、この作品に関しては、
「すいません、私をどこに連れて行って下さるのでしょうか?」
という位全く読めないというか想像出来ない展開の連続だった。 とくに期待してというわけではなかったので、読み進めるうちに続けて不意打ちのボディブローを食らっている感じがした。

 この作品のテーマは至極簡単で「孤独」 。
 とにかくここまでやるのかという位陰惨にくっきりと描かれている。
 「もう、いいじゃないですか」 
 と思うくらいである。

 主要の登場人物達はみんな孤独と閉塞感を抱えている。
 弥生の夫をバラバラにして捨てるのを協力するというありえない設定も、今すぐ見えない出口の中でさ迷っている彼女達にとって、出口ではないけど現状を変化させる出来事として手伝ったのかなと思わせられる。

  「死体をバラバラにして捨てる」という異質なモチーフで、それに関わる人たちの不幸という孤独の輪郭線をくっきりと浮かびあがらせてるのが上手い。 
 彼女達が願った変化は予想もしない出口に辿り付く事になる。

 読んでいて何故だか切なさを感じてしまう。
 決して一般的な意味で使われる情緒のある「切なさ」が表現されているわけではないけど、みんな何かが欠けている人たちでそれが故に孤独に悲しい「切なさ」を感じてしまう。

 ラストは賛否両論あったが私的にはああいう陰惨とも言えるラストで不思議な切なさを感じられたので良かった派である。
 多分彼らの欠けている部分と、私が欠けている部分が共鳴し合ったのだと思う。

 しかしととにかく「凄い」の一言に尽きる作品であった。読書の醍醐味を味わえた。

応援お願いします
| 桐野夏生 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。