12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-06-02 (Wed)
   

 相馬克己は「奇跡の人」と呼ばれていた。
 それは八年前の大きな事故の為に彼は一度死にかけ、例え一命を取り留めたとしても植物人間になる可能性が高かったが己の生命力に支えられ見事死の淵から蘇ったからだ。
 それでも事故前のあらゆる記憶を全て失い赤ちゃんの状態から一つずつやり直さなければならなかったが、母親の献身的な支えもあって現在は中学生レベルまでの頭脳を取り戻していた。
 母親の死後退院し、31歳から新たな「相馬克己」としての人生を歩み始めるが過去の自分が気になり軌跡を辿って行くうちに残酷な事実を知る事になる。。。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
 この作品は青春アイテムというわけではなく、記憶喪失となった青年の文字通り「自分探しの旅」である。
 
 前半は主として亡き母親がつけていた克己の闘病記と現在の彼の状況が織り交ぜられた巧みな構成になっており読み手を惹きこんでいく。
 もうダメだと思われていた克己が奇跡的に回復し未だに不自由な障害を残しながらも、そして支えとなっていた母親が亡くなった天涯孤独の状況でも、周囲に支えられながら今を懸命に前向きに生きる姿が綴られている。
 てっきりタイトルからも障害を越えてという感じの感動系の作品なんだろうなと思っていた。
 でも私はまだまだ真保さんを知らないんだなと思い始めたのは後半以降である。克己の「自分探しの旅」が本格化していく後半以降から作品の印象が変わってくる。

 はっきり言うと「自分探しの旅」を始めてからの克己は「変なおじさん」となる。
 克己が記憶喪失前の自分を知りたいという気持ちは理解出来るし、かつて愛し合った女性がいれば会いたいという思いは当然だと思う。
 ただ8年の歳月はそれぞれの生活があり事情がある。それなのにそれを搔き乱しまくっても自分の過去を追い求める姿に腹が少々立ってくる。しかもそれを自己正当化している辺りが私の怒りにご丁寧に油を注いでくれる。
 純粋だと思っていた克己がとにかく凄い自己中で身勝手な人間へと急変していき、読み手としては置いてけぼり感を抱いてしまう。レビューで克己の行動を「ストーカー」と言っていたが「おお、思わずその通り」だと思ってしまった。
 「奇跡の人」→「ストーカー」の図式には(ノ゚⊿゚)ノびっくり!!。
 また今の克己の知識は中学生レベルという説明があったが、自分の足跡を辿る時の手段などは大人顔負けの知恵を使うのは合点が行かない。その辺りにも違和感を覚えてしまう。
 ラストは登場人物の行動に共感しにくく私的には消化不良な締めであった。
 
 ただこの作品を読んで「記憶」について少し考えさせられた。
 それまで自分が生きてきた歴史が刻まれているのだから、記憶は自分が自分である事のひとつの指針だと思う。
 では「記憶を喪失する前の自分」と「記憶を失った後の自分」は同一人物なのだろうか?
人間は良くも悪くも環境によって形成されると思うが、そうなると持つ記憶によっては性格は多少なりとも違ってくるのだろう。
 臭いセリフだけど勿論魂の部分は変わらないから根幹の部分で「自分」を失う事はないんだろうけど。
 ラスト辺りで克己が自分の中に存在する過去の自分と今の自分で葛藤する姿は興味深かった。どちらも同じ克己なんだけど環境によって培われた人間性は違っている。
 環境(それによって形成される記憶)と人間性について考えさせられた。

 今回は残念な意味での「やってくれたぜ」であったかな。。。


ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| 真保裕一 | COM(4) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。