123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-05-22 (Sat)
 

 週刊誌の契約制の特派記者に身を置く蒔野は残忍な殺人者や男女の愛憎絡みの記事を得意としていた。
 センセーショナルな記事はそれなりの評価を得ていたがある事件をきっかけに冷や飯を食わされる。
 挽回の為に知り合いの刑事からリークされた事件で坂築静人と出会う。
 彼は人が死んだ場所を訪れて悼む旅を続けていた。蒔野は全く見ず知らずの人間の死を悼む彼を薄気味悪く思いつつも何故かその存在が心から離れなかった。
 そして夫を殺した女倖世は出所後に現場へ戻ったところで夫を悼んでいた静人と出会う。その行為が理解出来ない彼女はその真意を確かめる為に彼と行動を共にする。
 静人の母親坂築巡子は息子を理解したいと思いつつも死者を悼む旅を受け入られないでいた。そんな彼女に末期ガンという運命が訪れていた。
 静人とその悼む行為を拠点にそれぞれの死生観、人生を見つめなおしていく。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 天童荒太さんのタイトルは私にとって漢字のお勉強になる事が多い。
 「永遠の仔(えいえんのこ)」の「仔」は本来は獣の子供に使う字のようで、生物の子供に使われるのは一般的な「子」が正当らしい(あえて獣の仔を使う辺りが絶妙なセンスだと思う)。タイトルに使われていて初めて「仔」という漢字とその意味を知った。
 この「悼む人(いたむひと)」の「いたむ」という字も「ああ、いたむって読むんだあ」と読み方を教わった。
 勉強になるタイトル達である。だから天童さんの小説はタイトルは気になる。

 勿論タイトルだけでなく作品も読み応えがあるものが多い。
 メッセージ性の強い作家さんたがそれが押し付けがましくなく、読み手をすっとその世界観に惹きこんでいく。
 小説家にも色々なタイプがいる。創り手のタイプ、紡ぎ手のタイプ、天童さんは『語り部』タイプの作家さんだと思う。
 幾つかの作品を読んでイタコ的な作家さんというか、物語という生命が「天童荒太」という人物を通してこの世界に出現させられているようなイメージがある。それ程物語に息づかいというか生命感を感じる。

  ただ残念ながらこの作品は恐らく私は生涯理解する事は出来ないと思っている。また正直理解したいとも思っていない。
 彼の「悼む行為」とは、
 「死者の魂の成仏を祈る冥福を祈るのではなく、亡くなった方が誰に愛され、誰を愛し、どんなことをして人に感謝されたかこの3点だけを知り、ほかの人とは代えられない唯一の存在として覚えておく」
 ことである。 
 静人は親友の突然死、仕事でボランティアとして関わった子供達の死、それらを上手く自分の中で消化しきれない苦悩がそういう行為に駆り立てた。
 でも私の視点からは静人の「死者を悼む行為」は自分の魂を鎮める為の自己満足に映ってしまうのだ。

 全くの第三者である静人が見ず知らずの他人の死を覚えておくという行為に共感を持てない。
 自分が死者という観点で考えたら自分の大事な人が自分を覚えておいてくれるのは嬉しいけど、見知らぬ人間に覚えてもらっても喜べない。
 関係性に何の実態も伴っていないものだから。互いに色んな交流を積み重ねた思い出があればこそだろう。
 それならまだ成仏を祈って貰う方がありがたい気がする。

 近しい者以外は死者を忘れていく、忘れられていく事への罪悪感へが悼む行為の根幹にあるらしい。
 でも生きている人間が前に進んで行けるのも忘れる事が出来るからだと思う。それに完全な意味で忘れる事は記憶障害にでもならない限りはないはずである。忘れるのではなく別の位置へ移動するだけだと思う。
 時折り何かの拍子で生者の記憶の中に蘇る。それでいいのではないか?

 あと静人は自分を心配する家族を言葉は悪いが見捨てた状態が納得し難い。死んだ人間も大事だろうが生きている人間はもっと大事ではないだろうか。
 「生死」を見据える事は大事だと思う。でもその概念を追い過ぎて本来大切にしなければならない事柄をないがしろにしていると感じる読み手は私だけだろうか?
 どうも静人の身勝手さがぬぐい切れない。

 読み手の死生観によって相当評価が変わってくる作品だろう。私の死生観ではこの物語の景色はキレイ過ぎる。


ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


 
| 天童荒太 | COM(6) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。