12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-05-09 (Sun)
   

 多摩川で拾った石を売る助川助三。かつては漫画家として名をなしたこともあったが、時流に乗り遅れ、数々の商売に失敗した結果、思いついたのが元手のかからない石を売るという商売だった。来年は小学校に入る一人息子の三助を連れて妻・モモ子が団地を回るチラシ配りだけが一家の収入源である。ある日、石の愛好家の専門誌を読んだ助川は、素人でも参加できる石のオークションが行われていることを知り、主催者の石山とその妻のたつ子と出会う。久しぶりにあった漫画の依頼も断り、遠く山梨まで出掛けて採石した石を抱え、期待を胸に助川はオークションに参加するが、参加者は老人ばかりで活気がない。いよいよ助川の石がセリにかけられるが期待に反して、石が売れなかったばかりか、余計な出費がかさんでしまうのだった。それによって再び気まずくなる助川夫婦。助川は再びペンを取り、漫画を描き始めるが、どこも採用してくれず、彼は再び石屋を始め、繁盛させるために川を越えた競輪場の客をねらって自ら客を背負って渡し舟を開業。モモ子はそんな彼に愛想を尽かしてしまうのだった。-goo映画より






 この作品は竹中直人さんの初監督作品である。
 決して波乱万丈な展開ではなくあらすじ紹介部分を読んで頂ければわかると思うが、売れないマンガ家の貧乏な日常の物語である。
 でも初めてこの映画を見た時「才能」というものを痛感した。「才能」というのは魔法であり、その魔法が生み出した作品は輝きを放つのだ。「徒然なるままに、日ぐらし」な物語がお金を払ってもらえる価値のある作品に仕上がるのは「才能」のなせる技だと思った。
 一歩間違えればつまらなくなってしまう起伏が無い平坦な道を最初から最後まで一mmも退屈する事なく楽しめた。
 これ以後の竹中さんの作品を幾つか見ても感じたが「何でもないものを何かにあるように魅せる」というのがとても上手い創り手だと思う。
 本当に「作る」のではなく新たな生命を生み出す「創る」方だと思う。 

 良い映画は見事なキャスティングと必ずタッグを組むが、この作品もその例に違わない。
 まず最大の殊勲者は主演もこなしている竹中直人さんだと思う。笑いと哀愁を交えた絶妙な演技は独自の世界観を生み出す事に成功している。その世界観が作品を大きく支えている。どこまで才能を見せ付けるんだあああ!!!と思ってしまった。
 それと意外と言っては失礼だが妻役の風吹ジュンさんがとっても良かった。自然体な感じの演技が作品世界の持つ「飄々とした軽み」に貢献していた。 

 「無能の人」はいわゆる社会からの「落ちこぼれ」というラベルをぺったりと貼られてしまうカテゴリーにいるだろう。勿論一般社会からはみ出ているが故の孤独感も存在している。
 でも不思議と見ている側に幸福感が伝わってくる。
 3人の家族は貧乏に苦しめられながらも主人公の才能を評価してるが故にある意味貧乏を黙認しており、貧乏を描いていながら陰惨さはなく、無能な人を描いていながらみじめさがない。
 見ていて彼等3人家族とその生きている日常の日々がうらやましいとさえ感じた。
 登場人物は底辺に生きる人達ばかりだが自分の人生を懸命に生きてるのである。死んだように生きていない。 よく生活環境で「勝ち組」とか「負け組」とか言われるが、どちら自分というものを捨てずに生きていれば等価値なんだと思わせる。

 この作品を見てから竹中直人さんは「才能」というフィルターがかかってナイスガイに見えるようになったのが私にとっては大きな収穫であった。

 ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


 
| 映画 | COM(6) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。