123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-05-05 (Wed)


  若い女性がメッタ刺しにされた上に人差し指が一本切り落とされるという事件が起こる。
 西條はその事件の担当となる。刑事としては端整な顔立ちでシャレた格好は気取っていると揶揄する者も多く、あまり周囲の思惑を気にするタイプではないので反感も買っていた。だが優秀な刑事でも有り妬みを持たれながらも一目置かれているのも事実であった。
 最初は通り魔的な犯行と思われていたが同様の事件が再び起こり連続殺人事件の可能性を帯びてくる。
 やがて「指蒐集家」と名乗る犯人によってネットでの殺人予告や実況中継等、警察は翻弄されていく。
 しかし中々決定的な手がかりが掴めず捜査員達はあせりは増すばかりであるが、事件の渦中で西條に身にも思いもかけない窮地がもたらされる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^^ 
 今回は貫井先生に辛口味の記事です。

 東野先生運転のドライブは安心して乗れる。きっと楽しい旅路になるんだろうなあという信頼感がある。
 でも「愚考録」以降の貫井先生運転のドライブは「大丈夫かなあ、とんでもない所に連れて行かれないだろうなあ。。。」と心配しつつ乗り込む事になるのだ。何度か受け入れ難いあまり納得のいかない所に行ってくれたので不安になってしまう。正直「乱反射」に出会うまでは私の貫井先生への評価は下降線の一途であった。
 ただ今回は前回の「乱反射」が大金星だったのでいつもよりは身構えることなく少しワクワクした気持ちを抱いていた。

 が、呑気に乗っているうちに「これはひょっとしたらいつものパターンかしら?」と思いつつも、途中下車は嫌いなので頑張って読み進めた。
 やっぱり「おーいどこ行くんだあ」という運転になっていった。「おいおいおいそんな所に連れて行くの?」という展開にげんなりしてしまった。
 東野先生は良い意味で読み手の思惑を裏切ってくれる。それは読者を楽しませたいという意図を感じる内容である。 でも貫井先生は意外性のある展開ではあるのだけど、読者を置いてきぼりにするような裏切り方というか展開なのである。少なくとも私にとってはそうである。運転手の行きたい所にへ行く感じて同乗者する者の思惑はかんがみていない気がする。
 東野先生の時の「あー」は「感嘆」の意味だけど貫井先生の場合の「あー」はやっぱりこう来たかという「溜息」なのである。 

 3分の2を読んだ辺りで真犯人が解かってしまった。でもこれは私のお頭の出来が良いからではなくミステリーを読みなれていればこの人しか落とし所がないから解かっただけである。
 アマゾンのレビューを読んだらやはり早い段階で真犯人のわかった人が多く、終盤の展開が犯人の意外性の無さをカバーしきれておらず興ざめしてしまった。  
 前半辺りまで作品が間延びした感じでこれは後半か終盤辺りに怒涛の展開でないと納まらないなと思っていたら、案の定後半辺りから急展開。勿論そういう意図の展開なのかもしれないが展開が急速過ぎて呆気に取られてしまう。まあこの辺りは好みになるのかもしれないが、私は徐々に膨らんでいく展開の方が楽しめる。

 それと今回の作品における登場人物は感情移入しにくいのである。
 貫井先生の作品の中で私にとって2トップは「殺人症候群」と「乱反射」である。この2作品は本当に読み応えのある良い作品だと思う。
 人物の思惑や感情もちゃんと織り込まれていてより説得力のある物語であった。でもこの作品は主要人物の感情に説得力が弱いせいか物語的に弱さを抱える事になる。
 以上、今回のドライブはブーブー言いながら乗っていた。

 色々と書きましたがやはり貫井先生には期待が大きく、また楽しいドライブに連れて行ってくれるのを待っております。

ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| 貫井徳郎 | COM(6) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。