12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-04-24 (Sat)
 

 13年ぶりに千沙は帰郷する。18歳の時に大学進学で故郷を出てから初めての帰郷であった。
 彼女は横暴な父親、身勝手な兄、そして何よりもただただそんな家族に従う母親を嫌っていた。
 千沙は自分が外見も性格も母親に良く似ている事を自覚しており、母親のようになりたくない為に東京でガムシャラに頑張り望む生活を手に入れていた。
 嫌な思い出しかない故郷にもう二度と戻らないつもりだったが母親が倒れたと聞き決心が鈍る。
 病院では母親はベットで静かに眠っており傍らには父親が見守っていた。
 時は流れ家族の絆の形も変化していたと気づかされる。。。。 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
 唯川さんの作品を久しぶりに読んだ。たまに風に吹かれて彼女の作品を読みたくなる時がある。
 読み返して改めて思ったのはやはり短編の方が上手い作家さんだという事だ。
 唯川さんの作品は長編だとなんとなく間延びした感じを受ける。もう少し寸法を短く出来るんじゃないかと思う事が割りとあった。
 それが短編だと上手いこと寸法にまるっと収まって良い感じになる。

 この短編集の中ではラストの「帰郷」が一番印象に残った。
 まず構成の上手さがある。
 この作品以外の短編はオチが割りと苦いというか毒があった。だけどこの作品のラストは唯一光を感じさせるというかホッと出来た。その対比がお見事。
 初出部分を見たら雑誌に発表された年月日もバラバラのようで、まあよく上手い具合に風合いの似た作品をビックアップしそれらが効く形になる作品をラストにしたなと思った。こういう部分に職人技を見てニヤリとしてまう。

 人間関係で一番難しいのは自分との付き合いだなと思った。他人よりずっと難しい。 
 千沙の自分と折り合いのつけられない部分が昔の自分を思い出させてくれた。
 彼女は整形をし美貌も手に入れて今は華やかに自由で自分の思うがままに生きていた。だが何故かどんどん幸せから遠ざかる自分に気づいてもいた。
 そんな幸福から取り残された感のある千沙が途方にくれている姿が切なかった。
 千沙の幸せになろうとして幸せになれると思って信じて進んだ方向にそれが見つからず、捨てたはずの故郷で不幸だとばかり思っていた母親が得ていたかもしれないというドラマはなんか人生の機微を感じさせてくれてた。

 皆、幸せになれる、幸せになろうとして頑張っていてもその方向に幸福がない時がある。 
 幸せの方向どっちに向いているのかは神様の方位磁石でもない限りよくわからないだろう。
 でも自分を本当の意味で大事にする事、自分を好きになる事が出来れば間違った方向には行きにくいと思う。

 何かを好きになるというのは何も他人や物に対してだけで出なく自分にも向けてあげたいと思う今日この頃。
 
ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
 
| 唯川恵 | COM(4) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。