12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-04-14 (Wed)


 乙武さんは先天性四肢切断という障害を持って生まれた。原因は不明で生まれつき手足がない。
 だが彼は自分の障害を個性として認識し、理解のある両親とたくさんの仲間達に囲まれて明るく楽しく日々を生きてきた。
 不真面目で、頑張っていない、わがままな障害者。
 そんな乙武さんの誕生から早稲田大学時代の日々をユーモラスに、そして本出版後の苦悩を綴った社会人時代のエピソードを加えた超個性的な姿を持った青年の物語。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  「五体不満足」というタイトルを見た時そのショッキングさに「やられた」と感じた。と同時に「上手いタイトルだな」とも思った。
 普通親御さんが我が子誕生の時に願うシンプルな思いは五体満足に生まれてきて欲しいというものだろうけど、その当たり前ではない乙武さんの障害(個性)をこれ程端に表現しているタイトルに凄いインパクトを感じた。
 このタイトルだけでこの本がどういう趣旨のものかが伝わってくる。GJである。
 
 誕生した乙武さんが母親に対面出来たのは一ヵ月後。出産直後の母親に手足のない赤ん坊と対面させるのはショックが大きすぎるだろうという病院側の配慮があったようだ。
 対面の日はショックの為に倒れるかもしれないと空きペットまで用意されたらしいが、母親が手足の無い乙武さんとの初対面で口にした言葉は「かわいい」という光を持つ言葉だった。
 私は決して運命論者ではないけど、この言葉こそがその後の乙武さんの人生の輝きを象徴しているような気がする。
 Amazonの解説を書いている方の「この下りは神話でありそれを支えとして彼は強い自己肯定能力を育んだ」(抜粋・要約)という言葉が秀脱。 
 はじめの物語は本当に大事だ。ただ必ずしも幸福なスタートを用意されているわけではないのだろうなとも思う。
 障害者の手記というのは概ね「障害を克服して」等の乗り越えて的なものが多い。
 でもこの本はそうじゃない。障害があってそれが故に不便な思いをしてはいるけど、どこにでもいるようなごくごく普通の青年が日々の生活の中で楽しんだり、悩んだり、苦しんだりするそういった普通の青年の物語という感じを受けた。
 乙武さんが子供時代、彼と野球やサッカー等で遊ぶ時は「オトちゃんルール」なるものを作り当たり前に一緒に遊んでいたそうだ。彼の周囲の人達はどうしても乙武さんに出来ない事があれば「やってあげる」のではなく「当たり前」の事として手助けされている。
 それ故ご自身が障害者である事を自覚する機会も必要もなかったという言葉が凄い。読んでいて障害というのは個性なんだなあと再認識させられた。 
 乙武さんにとって「障害」というのは乗り越えたりするものではなく、個性として認識されているものなのと思った。
 だからこそ「障害は不便です。だけど不幸ではない」という言葉を伝えられるのだろう。
 勿論この本には書かれていないが全く苦悩がなかったわけではないんだろうとは思う。
 不幸というのは降って沸いてくる場合もあるけど、通常は不幸な状況にあるのは自分が不幸を選択しているからだと思う。個人的に幸福も不幸も基本は選択するものだと思っているので。
 不幸な自分を選択しなかった乙武さんはあっぱれ!!!である。

 実はこの作品を読まれた方の「私も前向きに生きよう!!!」と感動したという意見を読むとなんからしくないなと感じる。
 「感動」という思いが心の目を曇らせ、この本に書かれている大事な部分を見落とさせてしまう気がする。
 この本は前向きに生きる力を与える本というより、こういう障害者もちゃんといるんだよ、障害を持っていてもこういう生き方もあるんだよというの伝えてくれる本ではないかと思っている。

 ちなみに乙武さんの顔をテレビで始めてみた時「竹野内豊」に似たイケメンだと喜んだ私である。

ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
 
| ノンフィクション | COM(4) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。