123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-04-10 (Sat)
 

 池袋の有名なトラブルシューティングと言われる真島誠。
 きっぷの良い母親が営んでいる果物屋の店番をしているマコトに色んなトラブルが舞い込んでくる。彼は普通の今時の若者であるが、物事の本質を直感的に見抜きトラブルを適切な形で片付ける能力に長けていた。
 今回の依頼人はイケメンの中国人リン。彼は中国から働きに来る研修生のお目付け役であった。
 中国から日本へ研修生という名目で就労派遣された250名の内1人の女性が脱走する。一週間以内に見つけ出さなければ全員が強制退去の上向こう三年は派遣を禁じられるという重いペナルティがあった。
 マコトは中国の重い現実に驚きつつも依頼を引き受けるが。。。

 他三篇


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「池袋ウエストゲートパーク」はずっと読み続けているシリーズである。
 この作品を読むキッカケとなったのが長瀬智也さん主演のテレビドラマ「IWGP」が面白くて原作本に興味を持ったからである。
 「今時の若者」というお品書きがどういうものなのか接する機会がないのでよくわからないけど、彼等はこんな体温なのかなと納得させられるような小気味の良い面白さがある。
 クールでありながら飛んでいるようでありながら不可思議でありながら、根っこの部分は今も昔も若者というのは変わらないのかなとも思う。
 そういう部分を上手く現代風に巧みに仕上げているシリーズである。

 たが、読み続けていくうちにこのシリーズが少々「スィーツ」的になっていくのが微妙にうんざりしつつある。
 石田衣良さんは合う合わない作品があるものの基本的に好きな作家さんである。
 ただ最近なんというのだろう。。。彼の作品は甘くなっているというか甘ったるいというか、このシリーズも砂糖の量が徐々に増えているような感じがした。
 私はどちらというと辛党派なので甘いと胸焼けを起こしそうである。
 でもこの短編だけはその「スィーツ」さが上手く作品に組み込まれていた。

 中国と言えば現在は勢いのあるお国だけど実情はやはり地域的な格差がかなりあるんだなと知った。
 今もてはやされているようなバブル好景気の恩恵にあずかれるのは都市部だけであり農村は厳しい実情のようである。
 だからと言って自由に好きな場所へ行って好きな仕事に就けるわけではなく、農村部に生まれればまず都市部へ住む事は不可能らしい。同じ国内であっても貧富の差は激しく貧しい農村に住む人々は稼ぐ事の出来る黄金の国日本へ働きにやってくるのだ。

 結構このシリーズは自分では知識で軽く知っていた程度の詳しい知識が書いている場合が多く「知ってるつもり?!」的な部分が有りためになる。

 すったもんだの挙句「スィーツ」な結びだけどこれが美味な甘さだったのが嬉しい。いつもなら「ケッ!!!」と本を閉じて悪態を突きそうだけどこの度はスンナリ納得出来た。
 現実はこんな風に上手くは運ばないだろうけど、それでも物語というフィールドならこういうおとぎ話的なラストでもいいじゃないかと思わせてくれた。
 多分今回の「スィーツ」が物語の風景として良い図柄に仕上がっているからだと思う。

ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
| 石田衣良 | COM(4) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。