123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-03-06 (Sat)
   

 最早説明の必要のない位国際的な大作家となった村上春樹氏。
 そんな彼がまだまだマイナーな作家であった若き頃、食べ物や引越しや蟻や豆腐等自分なりのこだわりについて気負い無く綴ったエッセイ集
 人気シリーズ「村上朝日堂」の第一弾。
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 私と彼の出会いはごくありふれた出会いでした。。。。

 村上さんとの出会いは多分一番オーソドックスだと思うが「ノルウェイの森」である。
 それから三部作→「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」で見事ハルキストへ陥落!!!
 この一連の作風から村上さんのイメージは孤独な魂を抱えた孤高の人で、知的でクールな田村正和風味の作家さんだと勝手に妄想していた(当時から私の妄想の類は貧困でした)。
 それを覆したのが「村上朝日堂」シリーズのエッセイ集である。

 とにかくウケる。こんなに面白い人だったのかと良い意味で裏切ってくれた。
 村上さんの笑える文章と、相棒の安西水丸さんの下手なのか本気なのかよくわからないくだけたような挿絵がマッチングしてほのぼのした「むらかみワールド」がそこにはあった。 
 それまで読んでいた小説からは「孤独」とか「死」とかダークな部類なキーワードが炸裂していたので、エッセイとのギャップには驚かされた。
 勿論作家さんなのだから如何様にも自分作れるだろうし、このエッセイもご自身の一面をクローズアップしたものを見せているとは思う。
 でも村上さんの素の部分の一番やわらかい部分(というか子供っぽい部分という)を上手く笑いへ変えて気持ちよく読ませてくれる。
 気持ちのこりこりをほぐすようなエッセイである。

 小説を読んだ時のイメージで唯一エッセイから感じ取ったもので合致していたのが「こだわりの人」だという事である。
 趣味から料理や生き方まで自分の持っているこだわりがあってそのこだわりを大切にして生きてらっしゃるんだなと思った。
 その為に不快な思いもされてるだろうけど(悪く言えば頑固だし)、でもこだわりを自分の人生を生きていく上での糧にしているのだろう。
 それが故なのかエッセイに書かれている内容はありふれた日常生活なはずなのに、どこかキレイなパッケージで包まれているような特別感を感じる。

 「若い人たちに向けてのメッセージはとくにありません。がんばって働いて、がんばって年とってください。ぼくもそういう風にしてなんとか人並みの中年になったんだから」。  
 「シンプル イズ ベスト」な助言。長文演説なお偉いさんに聞かせてやりたい。

 こういうサラリと言ってのけられる大人てイイナアと思う。  

 ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
   
| 村上春樹 | COM(4) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。