123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-02-10 (Wed)
 

  17歳のアミは頭脳明晰な美少女。
  だが自分の居る世界に馴染めない疎外感を埋めるように知的障害を持つ兄タクヤと近親相姦の関係を持つ。
  壊れた家族の中で無条件に受け入れてくれるのがお互いしかなかった故に。
  気づいた両親に2人は引き離されるが、兄との関係を続ける資金長達の為に売春をしていた。
  ある時アミは自分の出生の秘密を知る。
  再度障害児を生むことを恐れた母親は見知らぬ男性の精子で妊娠しアミを生んだのである。
  更に兄の子を妊娠している事に気づいたアミは精子ドナーを探す。
  見知らぬドナーに兄との子供を生むぺきかどうかを決めて貰うために。。。。 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~   あらすじを読んでお気づきになられたと思いますが「売春、近親相姦、兄の子を妊娠、精子ドナー」等々、際どいフレーズが惜しげもなく並んでいます。
 PTAのおっかさんの方々がご覧になられたら眉をひそめられた後に焚書扱いになりそうである。
 私がこの作品を知ったのは「ダ・ヴィンチ」で紹介されていた記事を読んでなのだが「売春、近親相姦、兄の子を妊娠、精子ドナー」という文字に一本釣りされて読もうと思った。
 際どいフレーズの内容にドキドキとワクワクしながら読み始めたが、読み終えた時に不思議なほどに嫌悪感も不快感も感じなかった。思っていた以上にえぐい内容にもかかわかずである。
 むしろ作品全体に漂う「深い孤独感」に共鳴した。こんな内容なのに自分の肌にフィットする作品であった事に驚いた。

 この作品に出てくる人物達は欠損人間ばかりである。人間的に何かが損なわれているというか欠けているので「世界と上手くいかない」人達なのである。
 多分私も何かどこかが欠けている(損なわれている)人間なので共鳴したんだと思う。
 損なわれているという意味では「孤独感」というよりは「喪失感」という言葉の方が近いのかもしれない。
 失われている者である自分には響いた。

 解説者の宮台真司さんが上手い。
 アミは「世界を受け入れていない閉ざされた世界の住人だから、ひどい親も売春客も存在の希薄な影絵しか過ぎない(一部略と言い換え)」というのはお見事な作品の切り口である。
 この作品は12、3年前に書かれた作品だけど当時の売春等をやっていた飛んでいる少女達の見事な実像を浮かび上がらせていたと思う。
 売春等してもその事で大して傷付くわけではなくその行為が自分を侵食しない。一言で言うのなら「あっけらからん」か。
 私からしたらそういうのは凄く不思議に思うのだけど、そういう時代も確かにあったんだなと思う。どんな原因でそういう結果が生み出されたのか全然わからないが。
 でも売春をしていた女子高生から作者の桜井亜美さんに多数の共感の手紙が届いていたというのだから、「あっけらからん」としていても心のどこかの凹みにがあるから彼女の作品がはまったというのは伺いすぎだろうか?

 読み終えた時、グロテスクを重ねた際の先には純粋な何かが潜んでいるのかなと思った。
 
 ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 

| 桜井亜美 | COM(8) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。