12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-01-31 (Sun)
 

 ひとりの女性が失踪し、切断された右腕が発見された。やがて犯人はTVに電話出演し、殺人ライヴを予告する…。
宮部みゆきの長編ベストセラー小説を、日本映画界の鬼才・森田芳光監督のメガホンで映画化したミステリー大作。犯罪における加害者の立場と被害者周辺の双方を両立して描いていく。
理由なき犯行の恐怖性や、TVやインターネットなどのメディア批判、そして原作とは異なるラストの展開に賛否が飛び交い、結果として大ヒットを記録した。徹頭徹尾森田マジックともいうべき、彼の演出技術の集大成的作品に仕上がっており、また主演・中居正広の、これまで見せたことのないクールな一面も大いに作品のプラスとなっている。その他、木村佳乃、藤井隆、津田寛治など総じてキャスト好演。なかでも山崎努は名作『天国と地獄』をも彷彿させる貫禄の名演だ。ーAmazonより

 宮部みゆきの大ベストセラーを森田芳光監督、中居正広主演で映画化した話題作。東京の下町で豆腐屋を営む有馬の孫娘が行方不明に。その10ヶ月後、ある公園で切断された右腕が発見される。そんな中、生放送中のワイドショーに犯人らしき男から電話が…。「キネマ旬報社」データベースより
 


  



 感動した映画ばかりを紹介してきた。だがここら辺りで変化球を投げてみようと思い、
 「何故私はこんな映画を見てしまったのでしょうか?」
 と論議したくなる映画も紹介しようと思う。

 「模倣犯」が映画化されると知った時に私は危惧した。
 この小説は上下二段で上・下巻という大長編である。果たして約二時間位のサイズにどうやって収めるのかと思った。勿論かの不朽の名作「風と共に去りぬ」も大長編だが、上手く仕上げているから必ずしも難しいわけではないと思う。
 ただ「模倣犯」というのは非常に深い話で、あらすじのひとつひとつがその作品世界を作り上げている感じが個人的にはしたので、割愛とか継ぎ足し変更というのは難しいのではないかと思った。
 見たら、
 「案の定でした」 
 気持ちよい位に想像通りアカン作品であった。
 
 演じている役者さんは悪くない。
 主人公の冷徹なピース役のSMAP中居正広さんは客寄せパンダ的な意味合いも含めて選ばれたと思うが、だからと言って決してミスキャストではなかった。ハマリ役とまでは言わないが、とても難しいというか捉えがたい役柄をそれなりにこなしていらっしゃった。
 ピースに敵対する役回りになる有馬老人は山崎努さんが演じられていらっしゃるがさすがの名優、重厚さを持って原作のイメージを裏切ることなくむしろ「この人しかいない」と思わせられる演技は素晴らしい。

 とにかくこの作品はストーリー展開とか人間関係の粗さが目立ってしょうがなかった。原作のあらすじをついばんでいるだけというか。
 私は原作を読んでいるからストーリー展開に付いていけたが読んでいない人は理解されたのだろうかと思った。
 森田芳光監督は原作者である宮部みゆきさんご指名らしいが、カントクは一体どうされちゃったんだと思う位の酷い出来である。一応名コックだと思うけど(「ハル」という映画は好きである)調理の仕方を思い切り間違われている。自分の腕を過信されたのかアレンジのし過ぎのような気がする。
 森田監督は作りこみ過ぎるよりシンプルに仕上げられる方が良い作品を生み出されるのではないか。

 ラストを見た時、
 「なんじゃ、こりゃあ!!!」
とかの有名なセリフをパクリたくなってしまう位の酷さに唖然とした。
 私は決して原作至上主義者ではない。基本は映画は映画、原作は原作、上手く結婚出来たら万々歳位にしか思っていない。ただこの映画に関してだけはあまりにも原作を冒涜し過ぎている気がした。原作のテーマ性というか伝えたい事を映画では微塵も伝えていない。

 よくつまらない映画を見たら「時間と金を返して」と思うが、あまりの酷さにそれはそれで語り草のネタになりそうなので元は取れてる強がってみる。

ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 
| 映画 | COM(15) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。