12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-11-07 (Sat)
 
 科学者の中でも「異貌」な貌を持つ四人の科学者にスポットを当てている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 私は昔から「頭の良い変人(ソフトに言うと変わった人)」というフレーズが大好物である。
 「頭が良い」と言う言葉と「変人」という言葉のミスマッチぶりが、いちご大福のあんといちごのように意外ながらも良い味を出していると思う。
 それに加えて「孤高の人」という言葉が付くと「ごちになります」と言いたくなる。

 この作品に出てくる科学者も一風変わった人ばかりである(ただ前半は面白いけど後半に行くに従って形而上的になって退屈になるが)。
 特に印象に残ったのがキャヴェンデイッシュという科学者である。
 
 「有名になりたい!!!」という思いは多くの人が持っていると思う。
 まして科学者であれば自分の研究を評価されたいと思うのが普通だと思う。
 だが彼は普通ではないのである。
 何故なら膨大な研究成果を残しながらも生前それらを全く発表しなかったからである。
 キャヴェンデイッシュが求めたのはただ一つ、自分の好奇心を満たされば満足だったようである。
 だから彼はよくあるように生前認められず無念のまま亡くなるというキャッチコピーとは無縁である。
 
 キャヴェンデイッシュの研究成果に光が当たったのは死後約100年後。
 マクスウェルという超大物物理学者が5年の歳月をかけてキャヴェンデイッシュの業績を整理し、自身で実験を行い結果を確認して発表した。
 面白いことにオーム、ファラデー、クーロンといった業績により歴史に名を残した科学者よりもずっと前にキャヴェンデイッシュは彼等と同じ「発見」をしていたのである。

 著者がナイスな書き込みをしている。
 キャヴェンデイッシュの未発表の業績の中で後年発見されなかったものはひとつもないそうである。
 全て発見されている。
 このことから「発見」という代物はどんな偉大な業績であるにしろ「発見」される時があると。
 アインシュタインの相対性理論もニュートンの万有引力の法則も発見されなかったら科学の歴史は大きく変わっていただろうと言われるが、彼等が発見しなくとも別の誰かが時が来たら発見したのではないかと解釈されている。
 私もそう思う。
 私は全くの無神論者だけど、こういう話を読むと創造主である神様がシナリオを用意していてそのシナリオに沿って歴史は流れているなあと思うと。

 演者によって歴史が作られるのでしなく、シナリオがあって演者はそれに従うのが歴史と呼ばれるものかもしれない。

 ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

| ノンフィクション | COM(6) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。