12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-10-25 (Sun)
   

  カメラマンの島津と、その妻ヨーコ。繊細であるがゆえに、時にエキセントリックな行動に走りがちなヨーコに翻弄されながらも、島津は彼女を愛し続けていく。写真家・荒木経惟のフォトエッセイを原作に、異能の才人・竹中直人が監督・主演したノスタルジックなヒューマン・ドラマ。
東京の裏路地といった日常的場所を魅力的にとらえる撮影、また夫婦の住む部屋など、細部にまでこだわりきった美術や小道具、ささいな日常の音もにがさない録音、初めて映画音楽を担当する大貫妙子のささやかなメロディと音色の妙など、優れたスタッフワークにも支えられ、これが3本目の監督となった竹中演出も冴えわたる。ヨーコ役の中山美穂が、これまでにない大人の女性を熱演し、新境地を開拓しているのも特筆すべき点だろう。ーAmazonより




 この作品は竹中直人さんが監督と演出を務めていらっしゃる。
 最初の監督作品である「無能の人」を見た時も思ったけど、
 「すげえやー」
 と才能に脱帽である。

 下敷きは天才アラーキーこと荒木経惟と亡き妻陽子さんの日常が綴られたフォトエッセイ「東京日和」だがお二人の再現物語ではなく、それをなぞらえて全く別物語にしている。
 荒木さんとはまた違った色合いの「センチメンタル」さで作品を織り上げている。
 荒木さんの「センチメンタル」が「情」なら、竹中さんの「センチメンタル」は「ヒューマン」という感じかな。
 後、竹中さんの演技の素晴さは言うまでもないが、ミポリン(死語か。。。)こと中山美穂さんの透明感のある存在感が素晴らしい。演技って演じるだけではなく存在感も演技なんだなと思わせる。

 基本的に愛し合う夫婦の何気ない日常や旅先での出来事がただただ綴られていく映画である。 劇的な展開もドラマチックな流れも無い。
 でも確かにそこには「何か」があるのだ。
 それが何かと問われたら残念ながら今の私では的確には答えられない。でもこの映画には見る者を捕らえて離さない魅力が宿っている。
 私は見ながら泣いていた。
 生きることはすなわち何かを誰か愛することであり、そしてやはりそれは素晴らしいと思って泣けた。

 この映画を見て凄く感じたのは「何があっても空は青い」でも書いたけど、誰かを愛するって結局の所「別れ」も含むんだなと。それを切り離して愛することはならないと思った。
 愛しあった時間だけを抱き続けるのではなく、いつか来てしまう「別れ」による喪失も孤独も受け入れていくことが「愛する」ことなのかなあ~と未熟者の私は思うてみる。

 指の運動をお願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 
| 映画 | COM(5) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。