12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-09-26 (Sat)
 

 「借金女王」「プチ整形」「デリヘル」と様々な形容詞をお持ちのあの中村うさぎさんが読者より寄せられたお悩みに真摯に答え、解説者曰く「比類なき人生のテキスト」と言わせしめた人生相談集。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  

  若い時は悩むのがお仕事とは言え、昔の私は風が吹いても悩むという位悩みすぎる人間であった。
  そんな私が悩み事の集大成とも言うべき人生相談の本を見逃したりはしない。
  人生相談の本を読んでは他人様の悩み事をつまみに「自分自身の悩みを解決する鍵」を探していた。

 そんな私があの中村うさぎさんの人生相談集であるこの本を読んだ時、相談者の心のひだに即した数々のアドバイスにひれ伏してしまった。

 中村うさぎさんといえば、
 「ああ、あの痛い人」(すんません、うさぎさん) 
という感想をもたれる方が多いと思う。かくいう私もその1人であった。
 だけどこの本は今まで読んできた人生相談集の中でも群を抜く超現実的なアドバイスで驚いた。
 彼女に対する見方が180度変化した。

 たいてい悩みのアドバイスというのは活入れ型、ポジティブにまとめる型、みのもんたのように話聞くだけで「結局何の解決策も言っていないじゃん」型のように使えるのか使えないのかわからないもの少なくない。
 でもうさぎさんのアドバイスはとにかく実践的なものばかりであった。 

 特に私がシビレたのが不要分のゴミを捨てられないA子さんの相談事である。
 その女性はもともとは整理整頓される方であったが、30代で会社をリストラされたり、恋人に振られたりしてしまい、その「捨てられた自分」をゴミに自分を投影して捨てられないという悩みであった。
 中村うさぎさんは言う
『「整理好きなA子さん」がゴミが捨てられないという変化は古い自分からの変化。
 それまでにないささいな変化こそが人生の転機の小さなサイン。
 自分の中で確実に起こっているゴミが捨てられなくなったという新しい変化は今のあなたにそれが必要なのだから当分ゴミに囲まれ暮らしなさい。ゴミが増えても人は死にません。
 今までにない自分が現れたのなら新しい自分に好きなようにやらせなさい。そこで発見したことが次ぎへのステップになる。
 おめでとうA子さん、あなたの人生の転機を心から祝福します』(以上要約) 


うさぎさんのアドバイスが正しいかどうかはわからない。ゴミを捨てられない事が人生の転機というのはオーバーだと思う人もいると思う。
 でもうさぎさんも書いてらっしゃる通り人生の転機というのは劇的なものやピンチに遭遇するだけではなく、日常のごくささやかな気持ちの変化の中に小さな小さなサインが潜めている場合もあるはずである。
 
 この本を読むまで中村うさぎさんというのは何もわかっていないで単にバカをやっている人だと思っていた。
 そうではなくてこの人は世の中の仕組みをちゃんと知ってバカをやっている人なんだと思った。

 何もわからなくてバカをやる人と、何もかもわかっていてバカをやる人はどっちが不幸なのかなとふと考えた。  

 例えどちらもだとしても、それでもうさぎさんは自分の選んだ生き方に自分に対して責任を持つ方だろうなと思う。

 ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村




 
| 中村うさぎ | COM(6) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。