123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-02-18 (Wed)

   
 日々生きていく中、暗い穴に落ち込みそうになる時が誰にでもある・・・・。
 でもそれでも私達は生きていく。
 その生きる事を様々な角度から見たノンフィクション。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 題に惹かれて読み始めた。秀脱だと思う。 自分が不調な時の心細さを上手くすくい取った題である。 

   これは結構良かった。
 20代に読んだけどそれでも染み込んで来た。30代になって改めて読み返したら 染みまくりかもしれない。

 ここに出て来る人達はそれぞれの問題を抱え、それぞれの歩みで今を生きようとしている。
 決して「おー」という感動巨編ではないけど、読み終えた時に、
 「まっ、私も頑張ってみるかな」  
 という気持ちへ振り子が少し揺れる気がする。
 
 後この著者の方のどこか淡々とした文章がここに出てくる人達の人生(もしくは生き方)の輪郭を上手く、そしてどこか優しく浮かびあがらせている気がする。
 どこかクールに感じる作風が「生きる」事の哀しみと愛おしさを感じさせることに貢献していてナイスである。

 応援願います。クリックしてやってください。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
   

| ノンフィクション | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。