123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-07-26 (Sun)
 村上春樹さんは私の愛する作家さんだ。
 「死ぬまでにやりたい10のこと」のひとつに「村上春樹さんと話がしてみたい」という願いを入れるくらいである。

 もともと人気作家だったけど最近の再ブレイクは少し驚いている。
 ブレイク自体は別に不思議でもなんでもないのだけど、ただ私の周囲に村上さんのファンはおらず、本ブログを始めて旅回りした時もあまり村上さんの記事は見かけなかった。
 だから隠れハルキストが多いのだろうかと思っていた。
 今「IQ84」の話題があちこちで見かけると一体みんな今までどこに隠れていたんだと若干不思議な気持ちになる。
 村上さんの作品を初めて読んだ時作品の持つ「孤独」に強く惹かれた。
 でもその孤独は決してネガティブなものではなく、むしろポジティブな色合いを持っていて「ああここにわかっている人がいる」としみじみ思った。
 家族でも友人でも理解出来ない「私の孤独」を全くの見ず知らずの他人が作品世界で表現している事は驚きでもあった。

 家族がいても、友達がいても溶かす事の出来ない、共有する事の出来ない「孤独」を、村上春樹さんの作品世界なら共有出来た。
 その世界に思いっきり浸って出る時は「まあ、またお外の世界でも頑張ろう」と思える。

 願わくば作品を読み続けたいので健康に気を使って長生きして欲しいっす。


ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
 
| 村上春樹 | COM(9) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。