123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-06-17 (Wed)
   
双子の兄弟上杉達也と上杉和也。
 兄の「タッちゃん」は努力嫌いの劣等生。弟の「カッちゃん」は成績優秀で天才投手。
 そんな2人のお隣に住むのが美少女の浅倉南。
 幼馴染の仲良し三人組はやがて互いへの思いを強く意識する年頃となる。
 だが南を甲子園に連れて行く事を史上の目的としていた和也は交通事故で亡くなってしまう。
 代わりにその役割を担うのが達也。南を甲子園へ連れて行く為の道程が始まる。

 青春ラブコメの金字塔作品。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 この作品は語る必要がない位の思われる名作中の名作。
 というわけで今回はこれにておしまい。
 ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
 

 というのはアレなので勿論語ります。
 最初に読んだ時に「えっ、これ少年マンガ!!!少女マンガじゃないの??」と思った。
 私は「週刊少年ジャンプ」派だったので、少年マンガといえば「愛と勇気と友情と格闘」というこめかみに十字が浮かびそうな「熱さ」を持つものだと思っていたので「タッチ」の軽さに新鮮さを感じた。
 「軽み」とでもいうのだろうか、対象と距離があるクールさを感じた。

 ラブコメという分野を味わったのもこのマンガが最初だった気がする。
 「ギャハハハ」という笑いではなく、
 「ああ、そこそこいい感じ」  
 という感じでツボをひょいと押すような「クスリ笑い」がおつだった。

 最近改めて読み直したけどやっぱり面白い。
 当時は単に面白いという感想を抱いただけだったけど、こうして時間が経って見ると改めてあだち充さんのセンスの良さというかその技量に感嘆する。
 彼はエピソードと間の取り方が抜群に上手い。当時は気づかなかったけど。
 「タッチ」という物語はつまる所「南を甲子園へ連れて行く物語」である。
そう、あれだけ長いマンガもこの一行でまとめられる。でも何気ない日常を何かあるように描く普通の物語はストーリーに起伏あるマンガよりも難しい。
 職人技がそれとなく活かされているだなあと新たな視点で読んでいた。

 あだち充さんが最近のインタビューで「若者に世界不況なんて関係ない。大事なのは好きな子と一緒にいられるか」というような事をおっしゃられていた。
 この物語には多分私達が大事にしたいと思っている様々な事柄が濃縮されてるんだよなあ。。。
 
 最近、子供時代によく読んだマンガを読み返している。
 読み返すと当時の色んな情景が思い浮かんで来て懐かしさがこみ上げてくる。
 当然だけど当時感じた面白さはそのままでも、感じる所、ツボに入る所は微妙に異なる。それを感じる時、今までの時の流れの中で失ったもの、得たもの、それら全てをひっくるめての「今の思い」だなあとしみじみする。

 ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
 

| マンガ | COM(10) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。