123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-06-14 (Sun)
 先日栗本薫さんが亡くなられた。
 彼女もまた「物語の紡ぎ手」と呼ぶにふさわしい作家さんだったと思う。

 私が彼女を初めて知ったのはクイズ番組『ヒントでピント』である(書いていて懐かしさがこみ上げてきた)。
 女性キャプテンを務めていたが、とにかく物知りで「頭の良い人だなあ~」と子供心に焼きついた。

 
 その後栗本さんの作品を読める年代になった。でも実の所は彼女の作品はたくさん読んでいない。
 「終わりのないラブソング」と「伊集院大介シリーズ」と「ぼくらシリーズ」のみである。

 「終わりのないラブソング」は完全無欠のBL小説である。おまけに挿絵が吉田秋生さんなら読まずにはいられない。
 でもこの作品の凄い所はBLだけで終わっていない所である。
 本来最も味方になるべき「家族」が、最も傷つける存在としての「家族」として描かれていた。
 BLで頭がお花畑の所にそういうモチーフを盛り込んでいて「考えさせる」という所に深みがあった。
 

 探偵が活躍する推理小説で一番好きなのが伊集院大介シリーズである。
 初期の頃の作品が好きで飄々とした風貌に似つかない鋭い観察力と推理力。
 でも一番私にとっての魅力は「ふんわり感のある優しさ」である。力みのない軽さを感じさせるキャラが特に気にいっていた。
 ただ中盤以降から趣を変えて伊集院さんが狂言まわしのような役割になってからは正直あまり面白くなくなったけど。

 そして栗本さんの代表作の「グイン・サーガ」は遂に手を出せなかった。
 あらすじをつまみ食いして「これは、いけそう」と思ったけど、「100巻はいく」というお言葉にビビッてしまった。
 一度踏み込んだら引き返せない壮大な世界に恐れをなしてしまった。きっと読み始めたら貧乏しても揃えていたと思う。

 氷室冴子さんもそうだけど、栗本薫さんも、日本女性の平均寿命から言えばまだまだお若い年で亡くなられた。
 物語の神様に深く愛されたお2人の作品が永久に読めないのは本当に寂しい。。。。
 


 ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
| ヒトリゴト | COM(8) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。