123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-05-03 (Sun)
 ちょっと前から「えびマヨむすび」にはまっている。

 もともとえびもマヨネーズも大好物で、特にマヨネーズはサラダ類からコロッケ等、マヨネーズをかけて許される食べ物にはかけまくる「マヨラー」である。

 でも「えびマヨむすび」はこの年になるまで食べた事がなかった。というのも、ご飯にマヨネーズがつくのが許せなかったからである。
 くだらない事にこだわるのが自分の数多い欠点の一つだと思うけど、それでも「許せないものは許せない!!!」という事で長い事食わず嫌いだった。

 ところがまるで天啓のようにある日突然に、
 「えびマヨむすびが食べたい!!!」 
 と思い、機会があればとにかく食べまくっている。
 その日まで全く「えびマヨむすび」が好きになる予兆はなかった。だから突然のMY「えびマヨむすび」ブームに驚いている。。。。。

 こういう食べ物の好みの変化というのはどういう事情から来るものだろう。
 勿論年齢と共に食べ物の好みが変化する部分は理解出来る。年をとれば脂っこいものよりあっさり系を好むし、苦味のある飲食を好む場合もある。
 ただ年を取ったという理由では「えびマヨ」を好きになったというのが今イチ納得出来ない。

 こういうの食べ物の嗜好の変化も運命的なものがあるのかなと思う。
 「××××年の○月△日から○○が好きになる(または嫌いになる)」というプロセスが人生に組み込まれていたのではないかと思う位に説明のつかない突然の変化だからである。

 勿論「えびマヨ」如きで「運命」を語ってしまっては哲学者に石をぶつけられそうだけど、でも私は今までの「えびマヨむすび嫌いの人生」から「えびマヨ好きの人生」へと歩の向きを変える事になる。
 「えびマヨむすび嫌いの人生」と「えびマヨ好きの人生」に劇的な違いがあるわけではないけど、実のところ人生というのはこういう些細な(一見関係ないことでも)選択などがその後の人生の流れの変化に繋がっているのではないかと疑っているのだ。
| ヒトリゴト | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。