12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-04-12 (Sun)
 昨日はずいぶん暖かい日でした。
 おかげで洗濯物もよく乾き、布団も干せ、「あ~ぽかぽか日和だあ~」と春を満喫できました。
 それもそのはず温度計で25℃位あったのを見て途端「今からこの陽気だと夏はどうなるのか。。。」
 と、少し不安な思いで空を見上げていました。

 「ヤッターマン」の映画がヒットしているらしいですが、「ヤッターマン」という言葉に懐かしいと感じる一人ですね。

 はじめはドロンジョ様を深キョンがやると知った時「えー彼女じゃあ美人(というか可愛)過ぎないか」と思ってました。
 というのも子供の頃ヒーローが今で言うイケメンかどうかというのは関心のある事だったけど、悪役の容姿なんて気にも留めてなかったので、20年以上振りにドロンジョ様のお顔を拝見した時「美人だったんだあ」と新鮮な驚きでした(おまけにスタイルも良かった)。

 タイムボカンシリーズに子供の頃本当にお世話になりました。
 基本的にコンセプトは一緒の金太郎飴シリーズだけど結局ラストシリーズまでは見ていました。

 後「世界名作劇場」もお世話になったくちです。
 「トムソーヤの冒険」、「小公女セーラ」、「ふしぎな島のフローネ」(これはOPの歌サビの部分は未だに歌えます)。多分こういうアニメで見なければ「世界名作」なんて私の頭が選んだとは思えない。
 ただ「フランダースの犬」はアニメで主人公が死ぬラストなんてそれまで無かったので、結構トラウマになりましたよ。あれは。

 今思えば勿論これ等の作品が面白かったからずっと見ていたというのもあるけど、なんとなく家族団欒という構図にアイテムとしてこれ等は存在していたので自然と見ていたような気がします。

 でも子供の頃の記憶はかなり偏っていると思うので、今これ等のアニメ見たらどれだけ自分が勘違いしているか確かめてみたいです(多分重要な所は勘違いしていないとは思うけど)。
| ヒトリゴト | COM(6) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。