12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-12-18 (Sat)


 とある静かな空気がおいしいというのが取りえの田舎町でとんでもない事件が起こる。
 小学校4年生のエミリという美しい少女が作業員を装った男性に暴行を受けた上殺されてしまう。声を掛けて来た犯人を見たのはその時エミリちゃんと遊んでいた同級生の4人の少女。だが彼女達は何故か誰も犯人の顔を覚えておらず結局捕まらなかった。
 そして中学二年生の夏4人の少女達は町を離れるエミリちゃんの母親に呼び出され、犯人の顔を覚えていない事を罵倒されキツイ言葉を投げつけられる。その言葉は少女達のその後の人生を縛るものとなり彼女達は人生を狂わせて行く。。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 *若干ネタバレ有り

 湊かなえさんの作品はこの「贖罪」と「少女」の2作品しか読んでいない。2作品しか読んでいないのに「湊かなえの世界」を語っていいのかなと思いつつも、他の作品を読みたくても図書館派の私はどえらいこと待つハメになる。それ故とっとと語ってしまうが、なんとなく彼女の作品は語りたくなる何かを持っている。

 「残酷性」がある。その残酷さは「黒乙」と呼ばれる乙一さんのような酷薄的なでもどこか怖いもの見たさで指の隙間から覗き見したくなるような魔力を持つものではなく、どこかクールというか突き放しているとでもいうのか。 どこかジワッと来る、そして自分のどこかの感覚部分にこびりつくような感じの残酷さ。

 この作品も「残酷性」を味わえる作品である。
 大人になった元少女達が「過去」に引きづられ飲み込まれてしまう、それが数珠繋となった短編連作で最後にエミリちゃん事件の真相が判明するというセット内容である。
 元少女達の「どんなが落とし所が待ってるのかしら?」という湊さんのサド振りを割りと楽しんだ。
 でも「ある人物」だけは気の毒で気の毒で仕方無かった。ラストで本当に「サラッ」と書かれているのだけど、この真実はきつすぎる。私が「ある人物」だったら生きる事に耐えられないと思う程。
 元少女達の残酷話はそれはそれ「まあ湊さんだからなあ」という感じでお家芸だなと思いつつ読んでいたけど、「ある人物」の残酷さはスペシャルである。
 こういうのをサラッと絡めるのは湊セオリーなのかと思う。

 登場人物の書き方も面白かった。とくに「いるいるいるこういうタイプ」と思ったのは殺されたエミリちゃんのお母さん。 
 エミリちゃんのお母さんは自覚の無い「困ったちゃん」タイプ。自分を支点として周囲に波紋を起こしてしまう。本人は悪気も無いしそういうつもりではないのだろうけど、結果論周りを振り回してしまう。で、当の本人は自分は被害者等とのたまえるおめでたいタイプである。
 まっ、その「困ったちゃん」だからこそ起こったエミリちゃん殺人事件なんだけど。。。。

 また湊さんのサド振りが楽しみたいので他の作品を予約しようかどうか「告白」の予約状況600人待ちを見て悩む。
 

指の運動にポチッとお願い致します。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
| 未分類 | COM(6) | TB(0) |
2010-12-15 (Wed)
 

サイコメトラー桐生紫を主人公とした短編4話。

 「鋏の記憶」
 身寄りのない高校生の紫は亡き父親の従兄で15歳年上の刑事である進介と同居している。実は彼女にはサイコメトラーでその能力で時折進介の捜査を手助けしていた。
 ある日知り合いの家にあった鋏に触れた瞬間に衝撃を受ける。どうやらこの鋏は血を流した事があり、小さな男の子の苦痛と恐怖が伝わってきた。
 その鋏は知り合いがゴミ捨て場で拾ってきたもので、持ち主を捜した所杉原さとえという女性であった。だが彼女は既に亡くなってるが息子は生存しており名前は正樹、成人して2人の子持ちであった。
 調べた結果鋏の一件は小さな子供が刺されたのではなく、正樹が幼い頃に誤って母親であるさとえを刺したのが真相という事であった。
 だが紫は確かに鋏から小さな男の子の苦痛の感情を読み取っており、そして流された血の多さから恐らく生きていないだろうと推測していた。
 進介に相談し彼が調べた所意外な真相が浮かびあがってくる。 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 今邑彩さんは短編上手い方である。幾つか読んだけど割りと高水準の作品を書かれる(特にホラー関係)。
 この短編集はサイコメトラーの高校生である紫と刑事の進介のコンビがいい道具仕立てとなっている。
 一種の超能力物語だけど異次元タイプではなくあくまでも日常という地盤の上でコマが動くタイプのお話。
 まあ紫がその能力で種を撒き刑事である進介がそれを刈るという感じでその設定の面白さと、15歳離れている2人の微妙な関係というのがそそられる。
 お互いに自覚していないけどほのかな好意を相手に抱いているんだろうなあというのが読み取れる。
 ただ物語の設定的にもキャラ的にも面白いのにシリーズ化されておらずこの作品限りというのは残念である。 

 短編の中でも「鋏の記憶」は傑作である。この作品だけはずっと私の心に残り続けた。物語に奥行きがあるというのか深さがある。
 実は真相自体は「現実ではありえないだろう」という内容である。絶対ではないけど、多分ありえない。
 でも「突っ込み隊」隊員であるこの私がまるで突っ込まなかったというか突っ込めなかったというか、この作品世界を成り立たせる為にありだという認識で受け止めていた。真相というピースがピチッと作品世界にハマッていた。

 詳細を書くとネタバレになるのでこらえるのだけど「親の愛情」というものについて考えさせられた。『彼ら』のやった事は紛れも無く犯罪だし許されるものではないけれど、だけど愛する事の圧倒的な凄さを感じ入った。
 「親の愛」というものは深いものはどこか狂気に通じてしまうのだろうか。この事件に関わる事になった人物達は犯人も含めて皆悲しい、どこにも悪意はないのに。ただ深い愛情が故の悲劇というのがどうしようもない程に胸に来た。来まくった。

 ラスト辺りは泣けてくる。『もう一方の彼ら』もまた「子供への深い愛情」を持ちその描写がジーンと来る。こういう愛情は親しかないだろうなと思う。他の愛情関係ではつらい状況の中で愛情をここまで持ちこたえる事は出来ない。
 希望を感じさせるシーンで終わっており救いを感じた。

 これはお勧めっす!!!

 

指の運動にポチッとお願い致します。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
| 今邑彩 | COM(0) | TB(1) |
2010-12-12 (Sun)


  1823年11月、凍てつくウィーンの街で1人の老人が自殺をはかった。「許してくれモーツァルト、おまえを殺したのは私だ」、老人は浮わ言を吐きながら精神病院に運ばれた。数週間後、元気になった老人は神父フォーグラー(リチャード・フランク)に、意外な告白をはじめた。--老人の名はアントニオ・サリエリ(F・マーリー・エイブラハム)。かつてはオーストリア皇帝ヨゼフ二世(ジェフリー・ジョーンズ)に仕えた作曲家だった。神が与え給うた音楽の才に深く感謝し、音楽を通じて神の下僕を任じていた彼だが、神童としてその名がヨーロッパ中に轟いていたウォルフガング・アマデウス・モーツァルト(トム・ハルス)が彼の前に出現したときその運命が狂い出した。-gooより







 「アマデウス」はまだ私が10代の頃に見たので相当うら覚えの作品である。
 でも相当心に残っている作品でもある。凄く様々な要素が上手くエンターテイメントとして結晶された作品だったと思う。史実の乗っ取った完全な創作だけどここまで割り切って娯楽作品に仕上げているのはブラボーである。

 この作品を見るまでモーツアルトって高潔な人格者のイメージだった。まだまだピチピチの頃の薄い脳みそだったせいか、天才の偉人伝の読み過ぎだったのかはわからないけど、「天才」というのはそういうイメージがあった。
 それがあんな馬鹿笑いする変わり者だったいうのがちょっとカルチャーショックだった。とあるレビューで「一般の人々のモーツァルト観を激変させた功績があることも確かである」とあったがやはり私だけではなかったんだと思った。
 さすがに最近は天才というのは一種の変り種というのがわかっているけど。

 モーツアルトは天才と言われている。でも私は音楽が数学より成績が良くない音楽音痴なので「へえ~そうなんだ」という認識しか持っていない。
 彼の曲は普遍的な曲というかどこかで聴いた事のあるようなでも多分どこかで聴いたわけでもない、でもすっとすぐ馴染む曲である。ベートベンとか他の音楽家が作曲した曲は「創作した苦悩」がそれなりに感じられまたそれが作品とての味になっているのだろうけど、モーツアルトの曲はそういう苦悩を微塵も感じさせないような気が個人的にはする。
 映画でも譜面の中身は訂正・加筆の跡が無いという事でサリエリがショックを受けるシーンがあるが、こういう人が神様に愛された、選ばれた人間という事なんだろうなあと思う。

 サリエリは凡人という秀才。決して、決して神の手帳を覗く事の出来ない一般ピープル。
 この人の視点から「アマデウス」という作品を創ったえらい人達は本当GJ。その対比が故にエピソードが際立ち、だから退屈する事なく物語を引っ張ってこれたと思う。
 私は彼の選ばれなかった者の「いじけぶりの自己陶酔」を見ているの凄い面白かった。他人がいじけるのを娯楽作品の一環として見るのは楽しいなあと根性曲がりの私は思う。対岸の火事的な野次馬根性が刺激されるとも言える。
 
 でも神様に愛されるというのは幸福なのかなあとも思う。勿論サリエリからしてみればモーツアルトの才能は悪魔に魂を売ってでも欲しいとは思うけど、天才は天才なりの苦悩も悲劇もあるんだろうなとは思う。
 何故なら神様に愛された世界というのは多くの人間とは違う領域にいる、そういう者が持つ孤独や苦悩は私等には理解出来ない。天才より圧倒的に凡人が多いんだし。

 贔屓されているように見えても人間というのは存外平等に出来ているのかなあと思う。


指の運動にポチッとお願い致します。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
| 映画 | COM(2) | TB(0) |
2010-12-11 (Sat)
 
 110番にある通報があった。喫茶店を経営している福沢基之本人によるもので店に来た客を監禁しているという内容であった。
 この事件に関わる事になった交渉人の東野麻衣子は福沢の幼い娘が三年前に少年によって殺された事と、その少年が最近少年院を出院している事を知る。
 福沢の要求はこの篭城状況をテレビで実況中継して欲しいというものであった。その目的を告げない福沢であったが、警察関係者は今回の事件が殺された娘の事件と関連しているだろうと推測をする。
 犯人の福沢と交渉人の麻衣子の2人の息詰まる交渉が展開されていく。。。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
  五十嵐貴久さんは若干作品の出来にムラゲはあるけど、基本読み手を楽しませてくれる作家さんだと個人的に思う。
 楽しませる為の工夫を惜しみない方とでもいうのか(それが時折強引な展開にさせてしまう落とし穴はあるけど)。五十嵐さんの交渉人シリーズととりわけ面白い。

 「交渉人 篭城」はこれは面白かった。のっけからエンジン全開でガンガン楽しませてくれる。久々に最初から最後まで楽しめ「あんこが頭から尾っぽまでぎっしりと詰まったたい焼き」のような面白いという読書だった。

 犯人の福沢と交渉人の麻衣子のやり取りが主軸となって展開していくのだけど、篭城の理由が娘を殺した犯人への復讐なので正直犯人である福沢に肩入れしてしまう。
 それ故だんだんだんだん麻衣子に対してイライラしてくるのである。実際の交渉のやり取りなんて触れる事はないから実情がわからないけどけど、こんなにまわりくどいというかなんというか。読んでいるとなんだか私が犯人だったらブチ切れそうだなと思ってしまったよ。勿論犯人側の要求を「はい、わかりました」と飲んでは交渉人に何の意味も無いけど、交渉ってこんなに机上でこねくりまわすもんなのかなあと思った。
 まあ読み物としては交渉のやり取りのこねくりまわしは面白いけど。あくまでも読み物としてだけど。

 この作品を読んでいて改めて少年法について考えさせられた。
 少年法の不備はさんざん語りつくされており、一般市民だけではなく警察や法に関わる人達も疑問を持っている人はいると思う。現状では被害者遺族は置いてきぼりにされ加害者となった少年・少女が守られていると思われても仕方のない仕組みだろう。
 私は不勉強なので少年法の改正について今どのようになっているかはわからないけど、随分前から論議されているのに遅々として改正されていないように見受けられる。
 それ故現実にこういう事を起こす人が出てきても不思議じゃないと思ったし、それ位の何かが無いと少年法の改正は難しいかもしれないと危ない事を考えてしまう。

 ラスト辺り本読みの勘で「何かキナ臭い!!!」と思いつつ読んだ。何かありそうな気配とでも言うのか読書オタクのアンテナが「ビンビン」動いた。その予感は正しくビンゴ!!でもどこか予測していたような展開でもあった。それは意外性が無いという意味ではなくある意味王道の仕掛けだと思う。

 五十嵐さんはやっぱりサービス精神がある。

指の運動にポチッとお願い致します。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
| 五十嵐貴久 | COM(2) | TB(0) |
2010-12-08 (Wed)


 西暦199X年、地球は核の炎に包まれた。だが、人類は死に絶えてはいなかった。暴力がすべてを支配する世界となった核戦争後の大地で、途中で出会ったリンやバットを連れ、北斗神拳伝承者・ケンシロウが暴徒を相手に拳を振るう。北斗神拳を共に修行した兄達、それぞれの宿星を持つ南斗聖拳の伝承者達が現れ、ケンシロウと激闘を繰り広げていく。-ウィキぺディアより

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
私は小学生から中学生の頃に「ジャンプ黄金期」を過ごした人間である。
多分30代半ば以上の人でマンガ好きの人ならあの白熱の時代を憶えてらっしゃるだろう。
 なんせほぼ同時期に「キャプテン翼」「ドクタースランプ」「キン肉マン」「キャッツ・アイ」「ウィングマン」」(書いていて興奮してきた)「きまぐれオレンジロード(知ってる人は知っている。この作品は趣味で書いちゃいました)等マンガ史に刻まれるような作品が連載されていたのである。
 もうあんな時代は体験出来ないとだろう。それ程までに奇跡の時代であった。

 「北斗の拳」もだいたい同時期に連載されていたけど実はリアルではファンではなかった。小学生に「北斗の拳」は大人びており「キン肉マン」のようなわかり易い設定の方に燃えた。
 私がこの作品にハマルきっかけとなったのが夕方にテレビアニメの「北斗の拳」の再放送を見てからである。
 何かの陰謀なのかどうかわからないが当時の私が住んでいる地域では夕方に「北斗の拳」の再放送が多かった。年齢が上がって人の心の機微に燃えられるようになってからすっかり魅了されてしまった。
 あれだけハマっていた「キン肉マン」はもうすっかり読んでいないけど、「北斗の拳」は文庫版で全巻揃え今でもたまに愛でている。

 私がこの作品に惹かれる理由の一つは出てくる男達が「漢な男達」だからかなと思う。決して待っていればやってくるかもしれないと夢想するような王子様タイプではない。あくまでも「応援しております」と柱の陰から見守るような謙虚な姿勢で孤高タイプの男達である。私は孤高の男に弱い。。。。。

 基本彼らは「ロマンチズム」を飼っているが、それに溺れたり酔ったりするのではなく殉じる生き方である。男には男にしか飼えない「モノ=性(さが)」があって女性には永遠に持つ事が出来ないんだろうなという気がする。その辺りが女性である私には切ないような眩しいような感じがして好きなんだろうなあと思う。
 それと情のある作品というのだろうか、決して人間の感情が上手く書けているという旨味ではないのだけど。人の感情の複雑な部分を削ぎ落として割とシンプルに表現している。それが無駄なものが少ない分ダイレクトにぐっと来る。感動系というわけではないのだけど、心に響いてくるという感じ。

 再読して改めて細部の創りこみがセンスあるなあと思う。「一子相伝」とかはなんだかありがたみがあるし、「北斗神拳 」「南斗聖拳」等言葉だけでワクワクさせてくれそうな。「お前はもう死んでいる」というセリフなんか「参りました」というような決めセリフ。そういうパーツを生かした作品のパッチワークが上手い。 ウィキペディアに「北斗の拳」は「作品の一部がギャグとして捉えられることについて原哲夫は必然的に表現している」とあったがなるほどと思った。ギャクからは縁遠いような絵と内容だけど常にそういうポイントも上手く作品の一部として取り入れてマッチさせている。

 未読な方は是非とも堪能して欲しい。

*余談だけど数年前にイベントの一巻でラオウの葬式が行なわれたという話に笑い、子供の頃にファンだった男性が会社を忌引きしてわざわざラオウの葬式に参加した話に爆笑した。

指の運動にポチッとお願い致します。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
| マンガ | COM(6) | TB(0) |
2010-12-04 (Sat)
 

  児童養護施設「七海学園」。この学園には「学園七不思議」と言われる噂があり、今施設でも起こる不思議な出来事にも波及をもたらしていた。
 「非常階段の行き止まりから消えた少女」「暗闇のトンネルから聞こえるいるはずのない人間の声」等、七海学園で働く春菜は子供達に起こった不思議な出来事や謎を相談するのは児童福祉司である海王さんであった。
 どんな子供達も「いい子ですね」と評する海王さんはしかしとても子供達をよく見た上でそう評する人であった。
 彼は春菜の思いもつかない真実を読み取って謎を解き明かしてくれるのだった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
この作品は第18回鮎川哲也賞受賞作である。
まだ新人さんという点を考慮して甘口採点するとミステリーとしては中の中位かなあ~と思う。短編連作で数珠繋ぎになったそれらが最後に別の図柄を見せるという仕掛けである。
 正直個々の謎解き自体はちょっと強引な部分や現実的にはどうよ?という突っ込み所が多々あるのである。児童福祉法が結構謎解きに絡んでくるのだけど、私はそういう知識がちんぶんかんぷんなのでなんか種明かし部分にブラックボックス的な印象を受ける。
 ラストの仕掛けも私は自体はそれ程そそられなかったかなあ(太鼓判押す人もいるとは思うが)。カタルシスが足りない。
 だからミステリーとしてはそれ程この作品を評価していないのだ。

 でも通常だったら途中で読むのを辞めていただろうが、 結局最後まで突っ込みの合いの手を入れながらも読んでしまった。  それは魅力ある文体と物語の持つ世界観に惹かれたからだ。読ませる力があった。
 児童擁護施設というミステリーの舞台としてはかなりめずらしく、それが舞台装置として有りか無しと言われたら有りだとは応える。ただ不味くは無いけど何もわざわざこの食い合わせにしなくてもなあという感じでもある。
 でもそこに集う子供達のお話は「物語」として読ませてくれる。「ミステリー」という衣を拝借した「子供達の生きる物語」、そこに魅力を感じた。
 児童虐待に付き物の「闇」なような重さや暗さは描けていない(もしくは書かなかったのかも)。その辺りに批判の余地はあると思うが、私はこの作品に関してはそういう面に焦点を当てなくて正解と思っている。
 そのせいもあってかどこかファンタジックで、優しさというそういうものが根幹にあるような作品世界が私は好きだった。

 そして出てくる登場人物達がぐいっと物語を牽引してくれる。
 一連の物語の狂言回してきな役割となる施設で働く春菜。そして「安楽椅子探偵」的な役回りの児童福祉司海王さん。感情移入し易いというよりその感情に副えるような気持ちを持つ。
 魅力あるというのとは違うかのかもしれないが読み手を吸引する力のあるキャラクター創りが上手いと思う。
 ミステリーを紡ぐ手腕というのは場数をこなせば上手くなるもんだと思う。勿論センスがあってこそ磨かれるものだと思うがは七河さんはその素質をお持ちだと思う。
 ただ「魅せる・読ませる力」というのはほとんど確変がない限り先天的というか努力云々でではないと思う私は。だから最初からそういうものを持っているその辺りが凄く楽しみな作家さんである。


指の運動にポチッとお願い致します。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
| 七河迦南 | COM(0) | TB(0) |
2010-12-01 (Wed)


 アイルランド系移民で一代で成功した農園主の娘、スカーレット・オハラは、自分と同じ上流階級の長身の美青年アシュレー・ウィルクスに恋をしていた。だがアシュレーは、アシュレーの従姉妹メラニーと婚約していた。「12本の樫木屋敷」でのバーベキューパーティーで、2人の結婚を知って愕然としたスカーレットは、癇癪を起こしてアシュレーの屋敷の家具のつぼを投げつけて壊す。これを見ていたレット・バトラーは、彼女の躍動的な精神に恋をしてしまう。
スカーレットは軽蔑する友人たちの陰口を聞き、メラニーへのあてつけのために彼女の兄(チャールズ・ハミルトン)が自分に求婚をするように仕向けた。何も知らないチャールズは、スカーレットの思惑通り、南北戦争の開戦のニューズに沸き立つ中で彼女に求婚、スカーレットは後悔しながらも結局結婚してしまう。しかしチャールズは結婚後まもなく戦場に赴き病死。スカーレットは17歳にしてチャールズとの間にできた長男ウェードを出産して、未亡人となる。-ウィキぺディアより


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 「風と共に去りぬ」は高校2、3年の17、8の頃に読んだ。
 当時それ程本を読んでいなかったのに何故大長編に手を出したのか今となってはよくわからない。
 何かしらのきっかけはあったとは思うのだが、人生に悩んで生きる糧を得たいそういう類ではない事は断言出来る。恐らく鼻で笑い飛ばすような理由だったろう。

 断言するが若き日の私は決して「おっさん好み」ではなかった。でも何故だかレット・バトラーの大ファンになった。
 現実的に考えた場合の女性にとっての理想の男性かなと思う、決して王子様タイプではなくナイトタイプとでもいうのか。女性を自分の手のひらで遊ばせるような包容力とそしてどんな事があっても食いっぱぐれの無さそうな経済力。夢見るなら王子様でもいいだろうが現実ならこういうタイプの方がベター。

 だからこの作品における王子様タイプはアシュレイなのだろうけど私は全く惹かれなかった。昔から幾ら顔が良くても甲斐無しの弱い男にはまるで食指が動かされなかったのだ。
 それ故読んでいてどうしてスカーレットはレットには見向きもせずにアシュレイに夢中になるのか全く理解出来ないまま読んでいた。
 作者のマーガレット・ミッチェルさんはこの作品が初めて書いた作品とは思えない程の筆力と完成度だけど、スカーレットがアシュレイにあれだけ惚れ込む設定だけはどうしても違和感というか、私にとっては説得力が無かった。ラストでスカーレットがアシュレイを理解していたら彼を愛する事はなかっただろうという記述があったけど、まだまだ青いガキの私にそんな心の深い機微なぞ理解出来るわけ無くスカーレットの男の趣味の悪いなあと思いつつ読んでいた記憶がある。 
 
 ラストでスカーレットがようやく自分が本当に愛しているのはアシュレイではなくレットだと気づき彼に愛を告げるが、彼女への愛に疲れ果てたレットはそれを拒絶する。
 当時高校生の私はどうしてレットはスカーレットを受け入れてやらないのだろうと思った。長年恋焦がれた女性がやっと自分に振り向いてくれたのになんで別れるのか全く理解出来なかった。怒ったし、腹も立てた。私はハッピーエンドになる話だと思って読み続けていたので。 
 でも自分が年を取りレットの年齢に近づくに連れてようやく彼の気持ちが痛い位に胸に染み込んで来た。
 スカーレットへの愛に疲労したレットの思いの重さ。 年を重ねる事によって一番失われていくものはバイタリティーかなと思う。レットが自分の年だと一度壊れたものをまた作り上げていくのは難しい若ければ違ったかもという気持ちはよ~くわかる。
 心に溜まった澱の重さはあらゆる理屈を超えるのだ。愛情とか正しさとかそういう全てなぎ倒す。
 レットの気持ちがわかるようになって自分も年を取ったんだと改めて実感した。

 当時まだそれ程メンタルも悪くなく、自分のような悩み事もなく良い意味でも悪い意味でもぬるま湯季節だったあの頃。
 スカーレットの何かがあっても絶望する事を選ばず、明日がある事に希望を託して生きていく姿の本当の凄さを
あの頃の私は一cmも理解していなかったなと思う。強い女性だなあ~とは思っていたけど。
 そしてその「強さ」にある悲しみも今ならわかる。でも彼女はそういう「悲しさ」なんて気付かない人だろう。そんなもの「何?それ」とか放り投げそうだ。

 この年で再読したらどんな感想を持つか楽しみである。
 
指の運動にポチッとお願い致します。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
| 外国人作家 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。