12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-07-03 (Sat)


 映画界の大スター高倉健。
 健さんの日々の生活の事、映画の事、彼を取り巻く人々、そしてお母さん。。。。
 「高倉健」を取り巻く世界が、素直に優しく綴られたエッセイ集。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「鉄道員(ぽっぽや)」でも書いたが私は高倉健さんの隠れファンである。
 私はめったに本は買わず専ら図書館にお世話になっているが、健さんが書かれた「あなたに褒められたくて」は何故か身銭を切って買った。
 引越しの際に膨大な蔵書を間引きまくって里子に出したが(古本屋へ持ってきました)、何故かこの本は手元に残して置いた。
 心のどこかのフックにひっかかり、自分の世界の片隅にひっそりと置いておいた。

 健さんが本を出しているのを知っている方はそう多くないだろう。
 私も全然知らずあるきっかけで知ったが正直ちょっと意外な感じがした。
 なんとなく役柄のイメージから寡黙な感じがしたので、あまり多くを語らない方なのかなあと思っていたからだ。
 だから私の中で「文章を書く健さん」というのは「喋らない明石家さんま」と同じ位ビンッと来ない。
 でもこのエッセイを読んで良い意味で私の持っていた「高倉健像」を裏切ってくれた。

 上手い文章とは違うと思う。
 でも味わい深い良い文章だと思う。上手い文章と良い文章はどう違うのかと問われたら明確には答えられないが、良い文章は心の襞にわけ入ってくる。
 こういう文章が書ける方なんだあと、「さすがは私の健さん」とバチ当たりな感想を抱いた。
 それと読んでいて結構面白い人なんだなあとも思った。
 「ガチャ」というあだ名の俳優さんに彼が仲間と一緒に色々イタズラをする顛末を書いた「胡椒のお風呂」というエッセイは面白かった。
 メイクさんも抱きこんで脱毛クリームを「ガチャ」さんの眉毛に塗ってツルツルにしたり、下剤を使ったイタズラがエスカレートして馬の下剤を使って彼をピーピーさせたりするのはお茶目というか子供っぽい。
 本当に意外な面であった。 
 
 でもやはりこの本を一本貫くのは「高倉健さんのポリシー」だなと思う。
 人生を丁寧に真摯に生きてらっしゃる姿はやはり私のイメージを裏切らない部分であった。
 私は健さんのこういう「自分の生き方を貫く姿勢」が好きなんだなと改めて思った。そういう生き方は「強さ」がないと出来ないだろう。そこに憧れも抱く。
 だがある意味それは「かたくなさ」と表裏一体のものであり、生き方を狭めているとも思う。もう少しブレる部分があればもしかしたら幸せの数はもっと多かったのかなあと思わなくはないのだけど。まあ、余計なお世話だけど。

 今回再読して「あたたかさ」を感じ取った。「暖かさ」でもなく「温かさ」でもなくひらがなでの表示がしっくりくる。
 その「あたたかさ」が故に心の片隅で温めていたのだと思う。
 

ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
| 高倉健 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。