123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-10-16 (Sat)


   ガンで余命僅かのソル電機創業者社長日向はある男に殺される最後を選ぼうとする。
 その男とはソル電機の共の創始者で有り、そして結果的に日向が殺してしまった親友の息子である梶間。
 梶間にそのチャンスを与える為に幹部候補生の研修と見られている、実の所は「お見合い研修」に彼を含めた四人の男女を保養所へ招待する。
 日向は自分を殺しやすいように(尚且つ殺人犯とわからないように手助けする)あらゆる舞台設定をし、梶間が殺しに来るのを待つだけであった。
 だがゲストとして呼んだ碓井優香という女性の存在によって計画が狂い始めてしまう。 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 *ネタバレ有り

 この作品は「扉は閉ざされたまま」のその後の物語とも言える。
 前作で活躍した碓井優香というキャラクターがこの作品でも同様の探偵的な担い手となる。碓井優香に「ホの字」だった私はまた彼女に再会出来て喜んだ。
 「扉は閉ざされたまま」の記事でも書いたが碓井優香というキャラクターは単に美しくて賢い冷静な女性ではないのである。
 ある意味無慈悲な所があって(私はそこが大好物なのですが)、そこがこの作品のラストではスパイスとなって効きまくっている。

 前作は最初から「起きた事件」に対する犯人と探偵が頭脳戦が繰り広げる攻防戦であったが、この作品は「事件が起きる」までの過程が描かれている。
 正直個人的にはこちらの方が好みである。前作の攻防戦はレベルの高さに痺れたのだけどほぼ最初からそのやり取りで上下二段の約250Pは若干もたれる部分というか飽きる部分はあったのと、しつこいけど動機の部分に納得がいかないので。そういう意味ではこちらの方の展開がバランスが良くてスマートである。

 石持さんの読者へのサービス精神は顕在である。時折その意欲が不完全燃焼になって肩すかしを食う場合があるが、この作品はまあまあ燃焼されていると思う。
著者の言葉として「その事件が「起きるまで」を丁寧に書こうと思いました。~被害者も、犯人も、探偵も、みんなそれぞれに努力していることがよくわかりました」とあるが、「みんなそれぞれに努力している」というのはちょっと笑える言葉だが読んでみると「その通りだ」と実感する。三者の思惑の交錯が私的には面白かった。

 被害者が犯人に上手く殺される為に殴りかかるのにちょうどよい大きさの花瓶を用意したり、仕掛けのし易い大きくて重い掛け時計の真下に小休止用の椅子を置いたりという小細工は若干笑える感じがして、殺されるのもなかなか大変だなあと思う。
 被害者が犯人の殺意に気づかない振りをしつつ殺人を誘うような言動をし、そして犯人が被害者を殺そうとするがその殺意を悟られないように機会を狙うドラマ性のある展開にページを捲る手が正に「進む君」である。 

 この二つの糸の絡み合いにもう一つの糸が加わり思いもかけない終盤へと向う。
 被害者は殺されたがっておりその舞台設定も整っているし、犯人も殺す気まんまんなのでいつお陀仏になってもおかしくないのだがそうは問屋が卸さない
 探偵が花瓶に花を活けて凶器として使えないようにしたり、椅子をが微妙に動かしたりして邪魔をする。果たして探偵は今回の件にどこまで気づいているのか?
 三者三様の思惑が絡みまくる。
 
 私はラストにおける被害者と探偵の対決構図の意外な成り行きに痺れた。
 探偵のアドバイスによって被害者はある観念に開眼する。その観念は社会理念と照らし合わせると「お~い、それでいいのか?」というものであるが、それまでの流れからは全く予想しなかった被害者の開眼にはカタルシスがあった。
 だがはっきり言って探偵のアドバイスは「探偵」という役割を逸脱していると思う。ある観点から見たら好意だけど、通常の観点から見たら「犯罪の後押し」であるからして。でもこういう担い手の探偵を駒とする所に石持さんの気概を見る気がする。
 このラストは探偵役の人物に好感が持てるかどうかでスパイスの効き方が大きく変わってくると思う。私のように好意をもっていればピリリと効くし、嫌悪感があればとんでもなく後味の悪い味付けになるだろう。

 読み手の感情によって味が変わるスパイスというのはミステリーにおいてはGJではないだろうか?
 
ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
| 石持浅海 | COM(0) | TB(0) |
2010-07-21 (Wed)
 

   久しぶりの大学の同窓会。メンバーの家族が経営している成城の高級ペンションに集った。
 当日伏見良輔は客室で事故を装い後輩である新山を殺害し密室状態を作る。
 和気藹々としていた同窓会は、就寝すると部屋に閉じこもったまま中々出てこない新山の為に重苦しいものへと変化して行く。
 心配する友人達は閉ざされた扉の前で事故なのか病気なのかと議論する。伏見は自分の計画通りに進んでいると思ったが、碓井優佳だけは違っていた。
 聡明な彼女は昔以上の知性を身につけ、伏見の言葉の矛盾点や齟齬を指摘し追い詰めていく。。。
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 最近石持浅海さんにハマっている。一番最初に読んだ彼の作品は直球勝負!!!「君がいなくても平気」でこれが面白かったのでガツガツ食している。
 幾つか作品を読んで思ったのは石持さんはなんとなく東野圭吾さんに似ている感じがするのである。それは作風とかいうのではなくて、読者に対するサービス精神というか「読み手に楽しんでもらおう」という気概に相通じるものを感じた。ただ石持さんの場合は時折りそれが力み過ぎ不完全燃焼となって、やや作品の良さを消してしまうのが残念である。

 この作品は「このミステリーがすごい!06年版」の2位に選ばれたらしいがそれは納得の感はある。
 ただ。。。ラスト辺りで判明した動機がまずありえないというか「そういう事で人殺しする人間ていないだろう」という不満を抱かせるのが惜しい。
 大筋のパズルのピースの形を決めてそこに合う動機を無理にハメこんだような感じとでも言うのだろうか。その動機がなければ成り立たない設定というかストーリーなので仕方ないのかなとは思うのだけど。それ以外を除けば不満はないので「そういうものなのだ」と自分に納得させたが。。。。

 ストーリー自体は面白い。
 あらすじに書かれているように伏見が完全犯罪を目論んでそれを実行に移し成功するかと思われたが、疑問を抱き齟齬を指摘していく碓井優香。 かつて互いに好意を持った者同士が頭脳戦を繰り広げるのだが、碓井優香はいわゆる安楽椅子探偵で現場は見ていないが伝聞や理論だけで真実に迫っていく。
 緻密に練り上げられたストーリーでちゃんと伏見の会話や行動に伏線が張られて、矛盾を指摘する彼女の言葉には無理がない。普通ミステリーではラスト辺りで犯人と探偵の攻防戦が繰り広げられるが、この作品はほとんど最初からエンジン全開で楽しませてくれる。
 読み手は楽しむだけだが、書き手色々ご苦労されただろうなあとふと推察する。

 何よりも碓井優香というキャラクターの設定がこの作品の面白さのポイントの一つだろう。彼女は美しくて賢くて物事に動じない冷静沈着な女性である。
 そしてここが面白いと思うのだけど優香が犯人である伏見を探偵のように追い込んでいくのは、社会的な通念とか被害者への同情とかではなくただ純粋に抱いている疑問に対して答えが知りたいだけなのである。
 他の参加者は中々部屋から出てこない被害者の新山を心配しているが、詰まる所彼女は新山はどうでもいいのである そのキャラ設定が私的には好きなんだよなあ。
 男と女でもある伏見と優香の関係性も見所だろう。
 ラストが果たして伏見にとって不幸なのかそうではないのかと含みを持たせているのがなんか粋だなあと個人的には思った。

 さて石持さんは第二の東野圭吾になれるだろうか?
 
ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| 石持浅海 | COM(4) | TB(0) |
2010-05-12 (Wed)
 

携帯関連会社とベビー用品メーカーの業務提携によって結成された共同チームは15cmばかりのロボット携帯アクセサリーをヒットさせる。
 その祝賀会の興奮に包み込まれている翌日にチームリーダーの粕谷がニコチン中毒死する。他殺の可能性が高くチーム内は疑心暗鬼に陥る。
 そのチームに所属する水野は同僚で恋人である北見早智恵が犯人である証拠を見つけてしまう。 恋人がいないよりはマシだと思う位の感情で付き合っていた水野にとっては自分の保身の為に別れを決意する。
 だが中々切り出せない内に次の殺人が起こってしまう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 この作品はいつも柱の影からこっそりと覗かせて頂いているブログで紹介されていた作品である。
 なんとなく面白そうだなあと思い借りてきた(未だに図書館にお世話になっています)。
 読んでの感想は、
 「面白い!!!」
 というシンプルな感想である。久々に啓蒙されるわけでもなく、人生というものを考えさせられたりするわけでもなく、ただシンプルに作品の面白さを堪能出来た気がする。

 この作品は表紙を捲った所に著者の言葉として「自分の恋人が殺人者と知ったら」と書いているのに何故か全くその言葉が目に入らなかった。この本を紹介されていたブログの記事もこの時点では内容を忘れていたのである。
 私は読みながらずっと真犯人は別にいるのだと思っていた。
 「いつドンデン返しが来るんだろう」 
 と、待っていた。
というのも今までずっとミステリーの類は変化球ばかり読んでいたのでこの作品もてっきりそうだと思っていた悲しい性である。
 この作品は「直球型」だったのである。中盤過ぎてようやく本当に恋人が犯人なのだと気がついた。途中まで間違った視点で物語を読んでいたのが勿体無かった。
 思い込みが激しい自分が痛いと思った出来事だ。

 主人公の水野はエゴイストである。自分の保身の為に早智恵と別れようとあれこれ考えてばかりいる。
 でも私は主人公に不思議と嫌悪感は抱かなかった。勿論彼がもっと恋人の気持ちを汲み取っていれば殺人も止められたかもしれない。著者も「自分は、決して彼のようにはしないと考えて読んで頂ければ幸いです」とおっしゃってる位だし。
 でも普通はやはり恋人が殺人犯だったら別れを決意する方が多いと思う。エゴ丸出しの水野は身勝手さを感じつつも共感してしまう部分も否定出来ない。自分の手に負えるサイズを超えた出来事には理屈抜きで感情で右往左往してしまう。
 しきりに自分に「君がいなくても平気」と言い聞かせる姿が憎めない。
 
 殺人という異常事態がなければ、愛なのか恋なのか惰性なのかといった自分の感情の明確化迫られる事はなかっただろう。平穏な日常であればどういった感情で付き合っていても大きな差はなかったのが切ない。

 この作品を面白く感じた一番の理由はごく普通の人達のドラマという所である。名探偵が出てくるわけでもない変人異才が出てくるわけでもなく、日常にどこにでもいるような人々の物語というのが新鮮だった。
 勿論突っ込み所は結構ある。殺す手口とかは本当に可能か?とか思うし、本当にそういう現象が起こるのか?と思う所もある。
 でも終盤辺りで恋人の殺人の動機がわかる下りは読み応えがあった。たまにこういう作品もいいもんだと思う。

 何にせよ、日常は平々凡々が一番である。

ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| 石持浅海 | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。