123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-07-07 (Wed)


  歌舞伎町で起こった大抗争から2年。この町の勢力図は様変わりをしていた。
 牛耳っていたのは北京の崔虎、上海の朱宏、そしてただ1人今も昔も変わらない、いや昔以上の力を持つ楊偉民。 それなりの均衡を保っていた勢力図に変化が起きようとしていた。
 崔虎の手下の大幹部が何者かによって殺され、その事件が発端となり周囲へと様々な波紋を起こしていく。
 警察を不祥事で首になった元刑事の滝沢は崔虎から犯人探しを命じられる。 
 やむを得ず引き受けたが滝沢であったが、楊偉民子飼いの秋生という若い殺し屋の存在が彼すら想像もしなかった展開へと発展させる。
 
 そして前作の主人公であった劉健一は自分が殺した女との約束を果たすために楊偉民への復讐の機会を狙っていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 「不夜城」を読んだ後続編の「鎮魂歌」を読みたくてたまらくなった。休日に図書館へ行くつもりだったが読みたいという熱情に動かされ仕事帰りに遠回りして、さらに雨の中を自転車を漕いで借りに行き、借りたその日に読み終えたという私にしてはめずらしい位に仕事率の高い一日となった。
 読んで改めて思ったが「面白い!!!」
一度読んでいるのに「面白さ」という色あせない。その辺りがこの作品の持つ力と魅力だなと感じた。

 「鎮魂歌」は内容を簡潔にまとめると、
「自分の手で自分の女を殺さざる終えなかった劉健一がプッツンと来たお話」  
 である。 言葉って便利だなあと思う。長い物語もこの一文で簡潔にまとめられる。
 前作「不夜城」では劉健一はしたたかに立ち回りなんとか暗黒街で生き残っていたがあくまでもチンケな故買屋に過ぎず、楊偉民の掌で動き回る、彼と健一の間には越えられない高い壁が歴然とあった。
 たが楊偉民の計略により健一は自分と同じ種類の人間だった恋人を自分の手で殺すハメに陥り、それをきっかけとして彼の内部に潜んでいた狂気を呼び覚ます。
 本のトップに村上春樹さんが訳された「心臓を貫かれて」の一文を載せているが、読み終えた後に再度読むと粋なだなあと感心する。
 「あいつは頭の単純な、血も涙もないモンスターなんかじゃなかった-中略-どこかですっかり狂っちまったんだ。ほとんどはあいつの自業自得だった。それは認めるよ。でも全部が全部あいつのせいじゃなかった。そんなことあるものか」
 彼は前作では「悪いやっちゃ」だったけど今作品では「モンスター」になってしまう。
 
 人は自分の根幹を揺るがすようなつらい出来事があった時それを癒す事が出来ないのだと思う。
 よく癒せない傷は無いと言われているけど私はそうは思わない。癒しがたい深過ぎる傷はありえると思う。
 そういう時、心を癒せない変わりに自分の内部を絶望によって侵食し心そのものを無くす事によって、自分の心の痛みを切り離さないと生きていけないのかもしれれない。
 そう考えると「モンスター」にならざる終えなかった健一が切ない気もする。でも一方そういう状況になってしまったのは全部が健一のせいではないにしろ、最終的にその結末を「選択」したのもまた彼でもある。
 物事の選択権というのは常に自分側にあると思うので、その結果は自分自身で引き受けるしかないのではないだろうか。
 
 その「モンスター健一」の犠牲となるのが元刑事の滝沢と殺し屋の秋生で有り、彼らの視点で話が進められる。
 彼等は結局健一と楊偉民の抗争ゲームに投入された駒であり堕とされていく。哀れだなあと思った。
 勿論堕ちていく人間側にも相応の落ち度はあるけど、駒として動かされたに過ぎないとしたら堪らんだろう。
 レビューにも書かれていたが馳さんは「堕ちていく人間」を書かせたら天下一品である。
 「まっさかさ~ま~に堕ちてDESIRE♪」
 という感じで堕ち方にも芸がありカタルシスを感じさせてくれる。

 しかしプッツンした人間は怖いのである。

  ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
| 馳 星周 | COM(2) | TB(0) |
2010-05-08 (Sat)
   

  台湾人と日本人の混血である劉健一。
 彼は魑魅魍魎が住みつく新宿歌舞伎町で故買屋をしながら日和見にしたたかに生きていた。
 だが昔なじみの富春が歌舞伎町に戻ってきてしまい状況が一変してしまう。彼は一年前に上海マフィアの元成貴の片腕を殺して逃亡していた。
 元成貴の元へ3日以内に富春を連れ来なければ自分が殺される。そんな絶対絶命の状況の中で夏美と名乗る女性から仕事の依頼が来る。
 その出会いは健一に意外な展開をもたらすが。。。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 私は基本的に馳星周さんや花村萬月さん達のいわゆる「暗黒小説」と呼ばれる作品は好きではない。
 何も好き好んでダークな作品を読んで人間の暗黒部分なんてお勉強する必要はないと思っている。限られた人生なるべく心地よくありたいものだ。

 但し、馳星周さんの「不夜城シリーズ」だけは別格である。
 最初は映画化された金城武さん主演の「不夜城」を先に見た。主演の金城さんが好きだったので見たのだが予想外に面白くてそれをきっかけとして原作本を読んだ。

 まず新宿歌舞伎町の生きた描写が凄い、そして面白い。
 ヤクザや北京、上海、台湾、香港人達等がこのテリトリー内でお互い凌ぎを削る様が熱気を持ってリアルに伝わってくる。
 映画の画像で見ていたよりもずっとダイレクトにその場所の雰囲気が伝わってくるから驚きである。一歩間違えれば説明調になる状況描写を飽きさせないで読ませるのは馳さんの手腕なのかなと思う。これがデビュー作だというのだから神様はえこひいきである。
 読んでいて新宿歌舞伎町は日本でありながら別世界なんだなと思った。私のようなお子様には正に異世界である。東京へおのぼりさんをしても絶対に新宿歌舞伎町に足を踏み入れまいと決意した。 

 主人公の劉健一は自分が生き残る事しか考えておらず、その為には身内や友人自分の女でも利用し平気で裏切っていく。
 ただ彼だけでなく登場する誰もが利己主義で己の身の安全しか考えておらずサバイバルゲームで生き残るための騙しあい。
 いやあ、本当に驚く位登場人物に良い人(善人)がいません。 皆、悪いやっちゃなのである。ここまで悪人満員御礼だと違う意味ですがすがしい感じさえする。
 キャラクターに感情移入するのが難しく、気持ちに寄り添う事で出来ない。そういう意味で読者を拒絶している作品かもしれない。

 ただこの作品世界が生み出す孤独感に私は共感してしまった。 
 健一は親の愛情も知らず混血児としてどこの世界にも馴染めず孤独に生きていた。その彼が初めて愛した女性である夏美もまた同様の人間であった。常におびえ何かを憎みながら常に自分が生き延びる事しか考えていない自分の分身。夏美を愛しながらも彼女が必ず自分を裏切る事はわかっていた。
 そういう何かが損なわれている人達の異端者としての孤独に共鳴したのだと思う。
 変な例えだがマイナスとマイナスを掛け合わせた先にプラスが生み出された感じというのだろうか。マイナス要因からしか生まれない果実。それを作者が意図して作られたものか偶然の産物かはわからないけど。

 若干ネタバレになるけどこの不夜城はある人物がモンスターとなる序幕である。
 

 ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| 馳 星周 | COM(6) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。