123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-12-23 (Wed)
 

 現職の警察官である「梶総一郎」という男が若年性アルツハイマーの妻を殺害する。
 真面目で誠実という評判の高い梶は1人息子を13歳で白血病で亡くしており、その息子の命日を忘れてしまった妻のまだ息子の記憶があるうちに母親のままで死にたいという懇願に負けての止むを得ない嘱託殺人であった。
 罪を認めるも妻殺害後の自首をするまでの二日間の詳細は喋らず半落ちの状態であったが、これ以上泥を塗られたくない警察上層部の思惑で被疑者の内面が明るみに出る事なく検察、裁判所、刑務所とゲームの駒のように進んでいく。
 後顧の憂いのない天涯孤独となった梶は何故死を選ばす警察に泥を塗り、妻に手をかけた慙愧の思いを抱えたまま自首をして来たのか?
何故今は生きる事を選択しているのか?

 「梶総一郎」という男に関わった警察官、検事、弁護士達は彼の人間性と生き様に触発されて、私欲を超え彼を死なせまいと画策する姿をそれぞれの視点から描かれている。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「第三の時効」の記事を書いた「たぎる血」で横山さんの作品に出てくる男達は粋だと書いたが、この「半落ち」に出てくる男達も粋な男達である。独身なら誰か1人でもいいから婿に来て欲しいと野望を抱いた位だ。 

 この作品が面白いと思うのは、その男性諸君が梶という男性を鏡として反射光のように各々が自分の内面を掘り起こしていくのである。梶を通して今の自分の生き方を直視するというのだろうか。
 社会の中で大人として生き続けるうちに自分の感情に見て見ぬふりをしなければならない部分も出てくる。そうしないと「社会」の中では生きづらくなるから。押し殺した感情が鈍化していく。
 だが梶という男の持つ「物語」に熱い心が蘇ると言うのか心意気が呼び起こされるというのか、「梶という男を救いたい」という気持ちに駆られていく様がイイ!!!

 それは1人の刑事が語ったように「ひとつ位は自慢話を持っていたい」というロマンチズムでもあるのだろう。
 男の人は女性よりずっとロマンチックだ。宝箱に自分だけの宝物をそっと隠して悦に浸る(女性なら見せびらかすけど)。
 そして老後になった時にその自慢話で一杯やるのはそりゃあおつだろう。割きイカよりずっと上等な酒のつまみになる。  

 この作品で私が一番印象に残ったのが梶が妻の懇願を受け入れて手にかけた行為を、
「梶の行為が優しさだというのなら、優しさなどこの世になくていい。殺さなかった優しさを選ぶ」  
 と言った言葉である。
 この言葉を目にした時変な言い方だけど正直ホッとしたというか、よく言ってくれたという感じがした。
 それまでは梶の行為を心情的に理解出来ると消極的ではあるが止むおえない結果だという登場人物が多かったのだが、明確に「否」と突きつけたこの言葉にハッとさせられた。私も同感だからである。

 アルツハイマーや痴呆の方の介護は私が想像している以上にご苦労されるのだと思う。その苦労というのはあらゆるキレイ事を吹き飛ばす程の労苦なのだろう。
 梶の行為は心情的には理解出来る。自分が同じ立場に立ったら同じ事をしないとは言い切れない。
 それでも今現時点の私の立ち位置からは、梶の行為が「救い」をもたらすものであったにせよ優しさと言いたくない心情だ。
 手にかけて命を絶つ行為はいかなる理由があるにせよ「優しさ」に類するものではないと思うから。

 梶が絶望のうちにあって「死」ではなく「生」を選択したのはある「絆」の為であった。
 人は絶望の中でも希望の光があれば、絶望してるわけではないがその光を持たない者より、ずっと生を力強く生きていく事が出来るのだと思わされたラストシーンであった。 

  ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
| 横山秀夫 | COM(6) | TB(0) |
2009-11-21 (Sat)
 

 F県警捜査一課には生え抜きの捜査三班が揃っていた。
 「理知」朽木を班長とする一班、「冷血」楠見の二班、「捜査の勘」村瀬の三班。
 彼等は『事件』を互いに食い合いしのぎを削り競い合っていた。
 それぞれの班が取り扱った事件六つの物語が収められた短編集。

 「第三の時効」
  事件は15年前に起こった。
 夫の留守中にエアコンを取り付けに来た幼馴染の武内にゆき絵は汚されてしまい、その現場に帰宅したばかりの夫が遭遇しもみ合った挙句夫は殺されてしまう。武内は逃亡し、その後ゆき絵は妊娠の事実を知らされる。
 夫の子かそれとも武内の子か?苦悶の果てに夫の子と信じて彼女は女の子を出産する。
 そして三年前に逃亡中の武内からゆき絵へ電話が入る。
 「あの子、俺の娘だろ?」
 海外へ七日間滞在した時効の進行停止の「第二の時効」がもうじき迫っていた。
 事件発生の第一の時効は過ぎ、第二の時効を知らなければゆき絵に連絡してくるか会いに来るもしれないと踏んだ警察は彼女と娘のありさの周囲を見張る。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
「タッ、タッ、ターン、タッ、タッ、ターン、タッ、タッ、ターン、」
 (音痴なのでメロディー拾えてないのですが一応太陽にほえろのイントロ)

 このメロディーが流れると自分の中の血がちょっと騒ぐ。
 警察物というのは何故か血をたぎらせてしまう。古今東西テレビでも警察ものが多いのはやっぱり好きな人が多いからだろう。
 日常の中の非日常というドラマ性がたぎらせる要因だと思う。

 そんな私にとって「横山秀夫」という作家さんは熱い血を呼び起こしてくれる作家さんである。
 警察小説という分野の中で彼は群を抜いた書き手ではないかと個人的には思っている。
 話の面白さ、緻密さ、意外なオチ、そして何より体温を伝えるような人物描写と人間模様の表現。
 横山さんは元々警察関係のお仕事をされていたのかとさえ思う程の臨場感に驚く(調べたところ元は記者さん)。
 だから周囲の未読の知人に、
 「お買い得だよ!!!」 
 と布教活動をしていた。

 どの作品も秀作だけど「第三の時効」が際立っている。登場人物、設定等の道具仕立ても興味をそそるものだけど、これはオチが効きまくる。
 「えっ!!!w(゚ロ゚)w」  
 と予測もしなかったオチである。 
 幾つも張り巡らせた糸が最後にビンっと貼ってその図柄に驚かされた感じだ。
 横山さんが書かれた短編の中でも最高傑作の一つだと思う。 

 横山さんの書く男性像は男くさくて、カッコいい。
 でもカッコいいと言っても、頑固な人間、自己中な人間等一筋縄でいかない人間ばかりではあるが、でも隠れヒューマンな人間像が多い。
 表面上は、
 「関係ないっすね」
 というような無関心を装っていて一皮向けば人間の情を覗かせる。
 一歩手綱を間違えた方向へ向けると私があまり好きではないロマンチズムへと転化しそうだけど、それを絶妙な匙加減で「粋な」男達にしているのが横山さんの魅力だなと思う。

 ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


 
 
| 横山秀夫 | COM(4) | TB(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。