12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-11-10 (Wed)
   

 発端となった事件は森本隆一という男性のひき逃げ事件であった。彼には多額の保険金が掛けられており、妻である法子に殺人の疑惑がかけられる。だが彼女にき完璧なアリバイがあった。
 警察は法子が愛人である塚田和彦と交換殺人の疑いがあると睨む。何故なら彼の妻もまた多額の保険金が掛けられており何者かによって殺されていたからである。
 疑惑が絡み合った一連の事件をその事件と関わりのある人々の「お財布」を語り手(主人公)となった連作長編。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
 のっけから恐縮ですが「宮部さん、さすがや!!!」
 座布団10枚どころか、倉庫にあるものも持ってけという感じである。

 この作品の語り手(主人公)はナント「お財布」なのである。読み始めた時は私は勘違いして何か読み間違えたのかと思うた。
 だって語り手(主人公)が財布なのである。 
 私が今まで読んできた作品の中でめずらしい語り手(主人公)と言えば「モノレール猫」(記事 奥義!!!二刀流)でのザリガニがあるが、この作品は短編だからこそ飛び道具的な感じで趣向を凝らせたと思う。
 でも連作とはいえ長編という大掛かりな設定で財布を語り手(主人公)にしたミステリーという試み、しかも財布が見たり聞いたりした事しか書かないという制約を設けている中、全く不自然さも無理感もなく惹き込ませる創り手としての手腕は文化勲章級の職人芸だと思う。
  
 でもこう書くと矛盾しているかもしれないが、実はミステリーとしては普通なのである。例えば東野圭吾さんみたいに凄いトリックを用意しているとか、以前紹介した「我らが隣人の殺人」(記事 ごちそうさまでした)に収録されている「サボテンの花」のようにカタルシスのあるオチではない。
 正直オチ的にはひねりが足りないというか肩すかしなのである(あれっ、結構文句書いてる)。それでも読み始めてから面白くて一気に読んでしまい、オチの「あれれれ」感を十分補ってくれる。
 
 とにかくストーリー展開の「見せ方(魅せ方)が上手いのである。
 事件に関わりのある人物達のサイフが語り手(主人公)の連作で少しずつ事件の「真実」が浮き彫りになる。その真実のあぶりだしまでの過程が多彩で飽きさせない。
 また財布達の個性(と言ってもいいのか)の書き方が本当にお見事。財布はみんな「いい奴」で持ち主が悪い奴でも、困ったちゃんでも、自分の持ち主に愛情を持ついじらしさがあって、そういう視点で事件を物語るというのはなんとも奇抜な面白さがある。
 サイフが語り手(主人公)という斬新な視点がストーリーの粗をカバーしている感じかな。
 
 解説の方が「これだけの技を駆使しながら、これみよがしな押し付けがましいところがなく、また作者の苦心を微塵も感じさせない」 (要約・抜粋)と書いていたが、疎い私はこの解説の言葉を読むまで彼女の心意気に全く気づかなかった。
 宮部さんとはいえ創作である以上「生みの苦しみ」はあるのだろうけど、あまりにもそういう痕跡を感じさせないので失念していた。

 そういう苦心を感じさせないのが宮部さんのサービス精神の賜物なのだと遅まきながら気づいた今日この頃。


指の運動にポチッとお願い致します。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
| 宮部みゆき  | COM(6) | TB(0) |
2010-10-02 (Sat)
 

 ミステリー短編集

「サボテンの花」
 あだ名「ナマハゲ」こと権藤教頭は彼が愛する子供達の卒業と共に定年退職をする事になっていた。
 そんな彼は頭の痛い問題を抱えていた。六年一組の生徒達が卒業研究の課題として「サボテンの超能力について」を選んだからだ。担当教師はあきれて匙を投げ登校拒否をする。
 子供達の気持ちを尊重させてあげたいという気持ちからやりたいようにやらせてあげようと思うのだが周囲のバッシングが凄かった。
 権藤教頭が個人戦でなんとか周りを説き伏せている状況の中で不利な事態が起こる。
 六年一組の生徒達が研究をしている個人宅の駐車場で子供達がわけのわからない大声を上げながら飛んだり跳ねたりしているというのだ。
 それでもなお子供達の言葉を信じいよいよ卒業研究の発表会当日を迎える。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
この作品は「私の叔父さん」(おすすめの一品)と同様に私の「短編作品BEST3」に入る作品である。 私が墓場へ行くまでこの地位が揺らぐ事はない(言い切り)。そして宮部さんの作品の中で個人的に一番好きな作品かなと思う。
 
 とにかく掛値無しの傑作である思う。正直な所そのコメントだけで、
ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
と締めていいかな思う位「とにかく掛値無しの傑作」という言葉がふさわしい作品である。
 
 宮部さんは多才な書き手だと思うけど、彼女の才能のあらゆる要素が集結された「THE才能est」的な作品だと思う。僅か数ページに「完璧な世界」というのを誕生させている。
 キャラクターの魅力、謎の設定の上手さ、伏線の張り方の見事さ、唸らせる謎解きと感動させる結末。
 褒め言葉ばかりだけど褒め言葉しか出て来ないのだから仕方がない。

 レビューで「6年1組の生徒になりたい」という言葉があったがこれは私も同意。この言葉がこの作品の最大の魅力を表現しているかもしれない。
 宮部さんは子供を書かせたら本当に上手い、作家としての才能の枠を飛びぬけている描写力だと思う。才能の枠で描かれているというより、彼女の心は子供の心と近似値な部分があるからではないか。

 権藤教頭は常に子供側に立ち、彼等の人間性を信じ意思を尊重する良い先生なのである。でも良い先生が故に校長先生になれなかったような不器用な先生なのである。こういう先生が自分のショーボー時代にいたら学校という世界ともう少し仲良く出来たと思う。良い先生との出会いは、自分の心の引き出しにずっと大切に閉まっておける宝物のような思い出を持てる。
 魅力的な6年1組の生徒達と権藤教頭とのユーモアと愛おしさ溢れるやり取りは読んでいてほっこりくる。 
  
 「私の叔父さん」もそうだけど謎解きが単なる「答え」というだけではなく、解説者の北村薫さんがおっしゃる通り「謎を語ることが見事に魂のこもった物語を語っている」からこそ「マイベスト」作品なのである。
 何故子供達が課題に「サボテンの超能力について」を選んだか種明かしされた時気持ちよい程「やられた」と唸った。謎解きのカタルシス以上に子供達の心意気にシビレた。
 更にラストの締めが謎解きとの相乗効果で本当に感動させてくれる。
 
 ただただ幸福感を味あわせてくれるラストで、幸せをごちそうになりました。
 

今度こそ本当に、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| 宮部みゆき  | COM(4) | TB(0) |
2010-09-01 (Wed)


  念力放火能力者を持つ青木淳子は力の放出場所として選んだ廃工場である事件に遭遇する。
 何人かの若者達が1人の男性を始末しようとしていたのだ。姿を見られ襲われそうになった淳子は自らの能力で次々若者を炎で燃やしていく。
 たが肝心の「アサバ」というリーダー格の男を逃してしまう。まだ息のあった男性からなつこという女性を助けてくれるように頼まれた淳子は、男性の仇打ちと女性の救出の為に「アサバ」を追う。

 石津ちか子は今年47歳になる女刑事である。廃工場の事件の詳細を知らされかつて同様の焼死体で発見された荒川河川敷焼殺殺人事件を思い起こす。
 それは女子高生連続殺人事件の第一容疑者でありながら決めてとなる証拠が無い為に裁きを受けなかった若者が、無残な焼死体で発見された事件であった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 *ネタバレ有り 

 古くは「必殺仕事人」等の「必殺」シリーズや「ハングマン」今なら「ジョーカー」等、法の裁きを免れた悪を成敗するというお話は喝采を浴びるものなんだなあと思う。かく言う私も大好きであるが。
主人公である青木淳子は念力放火能力者である。自分の能力に「意義」を持たせる為にその力を持って無軌道な殺戮を犯す者達へ制裁を加える。宮部みゆき版「必殺仕事人」という感じだろうか。勿論宮部様なので単なる勧善懲悪ではなく色んなおみやげをご用意して下さっています。

 淳子は「超能力者」ではあるが読んでいて感情移入した。彼女が自分の危険なしかし強力な能力を誰かの役に立つ方向に使いたいと願い、それを裁かれない犯罪者への「制裁」に使うのは正しいかどうかは別として共感出来る。
 淳子に制裁を加えられる極悪人は本当に「100%純生」という感じの悪いやっちゃなので、彼等を炎で焼き尽くすシーンは正直読んでいて痛快、爽快であった。特に一見弱者の立場と言える「か弱い女性」に与えられた強力な武器だからこそ余計にカタルシスを感じるのである。 

 また淳子を取り巻く他の登場人物達のエピソードが実に面白いのである。
 淳子と同様の念力放火能力を持つ少女かおり、まだ力のコントロールの効かなかった幼き頃の淳子によって弟を殺された刑事の牧原、そして同じ様に特殊な能力を持つが故に孤独な浩一等。
 彼等のパズルのピースで出来上がってくる図柄に惹きこまれるようにページを進めた。
 特に石津ちか子という女刑事の存在は淳子とは真逆のスタンスを持つ者として、この作品における正義という秤のバランスを取る存在のような気がした。
 登場人物達の心情が丁寧に書かれていて「超能力」という設定が非日常感を感じさせない。

 読んでいくうちに自分は正義の実現をしていると思う淳子がだんだん闇に飲み込まれて行くのが切なくなってくる。その闇は人を殺すごとに淳子が気づかぬままに彼女の心を侵食しているように感じた。彼女が手にかけた犯罪者達とは全然違うスタートラインに立っていたはずの淳子が途中から同じゴールに向っているように思える。 
 相手より絶対的な優位な力を持ち他人の生殺与奪を握ってしまうのは神に等しい存在である。その魔力に善良なはずの淳子でさえ抗えない。

 「凶悪な犯罪者に対する私的制裁は肯か否か、それは正義なのか?」 
 というテーマは色んな作品で語られている。
 私個人はやはりどれ程正当な理由があったとしても殺してしまったら「同じ」だと思う。ベクトルは違っても、結局は「命」を奪うという着地点は変わらないのだから。
 奪っていい命か殺していい命かの判断や「正等な理由」のライン引き等は人間の担うものではないのである。
 それをやってしまったら文中の言葉にあるように「自分勝手な生物」へと成り下がってしまう。
 石津ちか子の「遠回りでも、安全運転で正しい目的地を目指す」スタンスが絶対的に正しいとは言わないが闇に迷わない道だと思う。
 
 この作品を読んで中村主水の自分は正義の味方ではなくろくでなしに過ぎないという考え方はすがすがしいのだと思うた。

 

 ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| 宮部みゆき  | COM(4) | TB(0) |
2010-02-03 (Wed)
 

  取調室の一室である舞台が用意されていた。

 ネット上の擬似家族の「お父さん」である所田良介が何者かに殺されてしまう。その数日前に絞殺体として発見された今井直子。一見無関係と思われた事件であったが共通の遺留品が発見される。
 容疑者と思われるネット上の家族であったHN「お母さん」こと三田佳恵、「ミノル」こと北条稔、「カズミ」である加原律子がそれぞれ取調室に呼ばれる。
 そしてマジックミラーの向こうには所田良介の1人娘一美がいた。犯人かもしれない人間を彼女は見ており確認の為に呼ばれたのである。

 三人の取調べが順番に始まり舞台は開演する。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
 宮部みゆきさんの紡ぐ物語は良い意味で裏切ってくれる事が多いので面白い。
 この作品を読み終えた時も、
 「こりゃ、一本取られました」
 と思った。

 ネット上の擬似家族というのが一つのモチーフとなっている。ようするに現実で自分の望む家族を持てない不満をネット上で理想の家族ごっこを演じる事で補うのである。
 「わあ~不健全だ、こりゃ」 
 と思った。キナ臭いがプンプンする。

 勿論ネット上の人間関係が偽物だとは思わない。例えばメンタルを抱えた人達にとってネット上での人間関係は福音だと思う。また互いに顔の見えない距離感が自分の素の部分をさらけ出し易いので深い人間関係を作れる場合もある。「距離感」が気持ちの潤滑油となるのならそれはめでたい事である。
 だがその「距離感」を逃げ場所としたらそれはどうなんだろうか。
 理想の家族ごっこなんて結局は幻想である。単なる一時しのぎのカンフル剤に過ぎない。
 「距離感」を美味しい所どりの道具にしてしまったら、いつしかその距離感がおかしくなってしまうと思った。
 やはり寂しさを現実世界で適度に飼いならす方法も用意していた方が幻想に飲み込まれなくて済む。
 
 解説の言葉で「家族の絆とは、癒しなのか?呪縛なのか?」と言う言葉があるが、これはズバリとこの作品の核心を突いている。
 本来なら家族の絆は癒しではあるとは思うというか、そう願いたい。でも必ずしもそうではない現実もある。
 親子であっても合う合わないは確かにあり、合わない場合は絆が呪縛になってしまう場合もある。
 そういう時は親と子という関係は他人でないが故に一層の悲劇を生み出しやすい。絆が呪縛となった時の怖さを感じた。

 ラストは切ない。 
 犯人は加害者ではあるがでも本質的には被害者なのだから。
 若い時は自分が見ている世界のみが真実だと思いがちだけど、角度を変えてみれば物事には別の真実もあるのだとわかるはず。
 そうすればまた違った選択も出来たはずだと思うとやりきれない。
 
 ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 
| 宮部みゆき  | COM(5) | TB(0) |
2009-11-18 (Wed)
 
 前原滋子は9年前の忌まわしい連続殺人事件に飲み込まれ天職と思っていたライターの仕事から遠ざかっていた。
 だが結局書く事を捨て切れなかった彼女の元へある依頼が持ち込まれる。
 萩谷敏子という最近1人息子を交通事故で亡くした女性がもしかしたら息子には特殊な能力があったかもしれないという内容のものであった。
 何故なら息子が残した絵の中に描いた時点では未来の内容や、また知りえるはずのない事件の事実が描き込まれているからである。
 その絵の中で彼が死んだ後に発覚した事件で、両親が娘を殺して床下に埋め火事になって初めて時効後に出頭した事件を示唆する内容があった。
 人の良い滋子は我が子を亡くしたばかりの敏子にほだされた形で調査に乗り出すが意外にもそれは、長い間触れることの出来なかった過去の事件と向かいあうきっかけとなった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 宮部さんは打率の良い作家さんである。
 作家によっては作品の出来に大波小波があり、読む前に「今回は当りかな外れかな。。。」と気を揉まなくても良い安心感があるのがありがたい。

 私はとりわけ宮部さんの書く登場人物が好きである。
 どこにでもいそうなという感じというわけではないのだが、息遣いというのか体温というのがにじみ出ている登場人物達に惹きこまれる。
 よく出てくるタイプがきちんとした人間としての芯を持つ温かみのある人物と、真逆に残酷というか大切な何かがくりぬかれているような人物も出てくる。
 その温度差のある人間模様が私のツボを押してくれる。

 この作品で一番印象的だったのが、
 「身内の中に、どうにも行状のよろしくない者がいる。世間に後ろ指さされるようなことをし、警察のご厄介になる。そういう者がいる時、家族はどうすればいいのか。出来損ないなどは放っておけ、切り捨ててしまえばいいのか」
 という問いかけである。

 これは難しい。。。。。

 「はい、これです」
 とすぐに答案用紙に答えを書いて提出出来ない。
 まあ強いて答えるなら、私自身はどうしようもないろくでなしであるならば切り捨てる方が良いとは思う。
 そうしないと関わる人達の人生や生活が踏みにじられてしまうし、書いているように切り捨てなければ得られない幸福もあると思うから。
 身内とか家族という言葉に呪縛されて自分の大事なものを損なう必要はないはず。切り捨てて得た幸福がよりそうしなかった場合より偽物だとは思わない。
 ただ親戚とか兄弟姉妹であれば最悪は縁を切ることが出来るだろうけど親子の場合はそう簡単にはいかない。

 この作品にはある事情により実の娘に手をかけた両親が出てくる。
 愛情をかけて一生懸命育てた我が子がほんの些細なズレでどうしようもない流れに飲み込まれ手の届かない暗闇へと行ってしまう。
 一旦流れに飲み込まれると流される本人自身にもその流れを止める事が容易ではなくなる。
手にかけた両親は究極の切り捨てともいえるが、ひょっとしたら鬼畜となった我が子を取り返す行為でもあったのかもしれないのかなとも思う。
 でもやはり殺してしまったら全てがパアーなんだよなあ。一縷の希望も存在しなくなる。

 私は「お母ちゃん」をやった事がないからわからないけど、子育ては喜びや幸福を得られるだけではなく、歯車が狂えば深い暗闇に陥る可能性は常にはらんでいるのかもしれないと思った。
 
 ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

| 宮部みゆき  | COM(3) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。