12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-01-16 (Sat)


 末永純一はテレビデェレクターの仕事をしており、愛する妻の友貴子と二人暮らし。
 友貴子はあるトラウマにより極端に脆い精神を抱えており深い人間不信であったがなんとか幸せな結婚生活を送れていた。
 だがある日突然とんでもない事件が起こる。彼らの家に殺人犯が逃げ込み妻を人質を取って篭城をする。
 純一は今の苦境を脱すべく様々に策を巡らせこの危機を乗り越えようとするが。。。。 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  
 北村薫さんの書く作品というのは基本的に「地球に優しい」というような感じの、優しさが作品全体から醸し出されているものが多いと思う。「時と人」三部作しかり、「円紫」シリーズしかり。酷な場面もあるがそれでも「優しさ」が必ず作品のバックグラウンドに健在していたと思う。
 だから「読む面白さ」だけではなく、多くの場合は励まされたり癒されたりするおまけ付きだった。

 そういう作風に慣れた人間がこの作品を読むと驚くと思う。
 この作品にそういうスパイスは全くない。何故なら悪意を持つ人間とそれに踏み潰される人間とその悪意と闘う人間の物語だから。
 今まで読んだ事のない北村薫さんの別の顔に私は驚いた。 
 ご本人も前書きで女性読者から読んで傷付いたというお便りを貰ったと書かれていらっしゃるが書いた女性の気持ちは理解出来る。
 「本当に北村さんですか?」
 と著者を確かめたくなる位それまでの作風と違う。

 宮部さん同様優しく暖かい人間像を書く人は反面とても残酷な人間像を書かれる。読んでいてその残酷さにゾクリときた。
 この作品ではある女性が「彼女」を徹底的に壊していく姿が書かれている。ある女性は「彼女」に何か嫌がらせをされたというわけではない。ただ「宿命的に奪う側に立つ人間が奪いたくなる人間」に巡り合ってしまったという関係である。
 その関係性の書き方というのが残酷なのである。本当に残酷なシーンは数える程なのだけど、そういうシーンでなくても心理的に迫ってくる描写が上手い。

 そして愛する人間を守る為に、自分も愛する者を壊した人間と同様の「魔」を心の中に住まわせてしまう怖さというものを感じた。
 特に悪意があるわけではない普通の人も何かのきっかけで心に「魔」を飼ってしまう、その可能性は常に孕んでいるのだろうなと思う。

 私は北村さんの別のお顔も結構イケタくちである。ある書評で後味が良くないと書かれていたが、確かに良い口当たりというわけではないがラストの反転にびっくりした。それまで描いていたパズルの絵柄ではなく全く想像していなかった完成図を見せられてた事にカタルシスを感じさせてくれた(突っ込み所はあるけど)。
 今まで読んできた北村さんのミステリーの中で最上の謎解きというわけではない。
 ただ北村マジックの種明かしの意外性という意味では突出した出来の作品だと思う。

 ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト
| 北村薫 | COM(6) | TB(0) |
2009-06-03 (Wed)
 

昭和40年代の始めを生きていた美しい17歳の高校生一ノ瀬真理子。だがある時彼女は、突如25年後へと時間の流れをスキップする。
 目を覚ました時17歳の真理子は、42歳の桜木真理子という名前で夫と17歳の一人娘を持つ高校教師であった。
 失われた時、失われたものの大きさに愕然とする真理子であったが、それでも今いる場所で生きていく為に今日という日を生きようと模索し続ける。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 北村薫さんは名前と作風から女性作家だと思ってきたけど(多分そう思っていた人は多いと思われる)、初めて顔写真を拝見した時小ぶりな感じの男性なので驚いた(もっと上手い表現ないかなあ)。
 
 作品を読んでいると北村さんはどんな小さな事柄でも自分の世界を構築する様々な言葉、物、人を大事に愛おしんで来られたんだなあと感じさせる。正にこの作品もそういった事柄がにじみ出ている。

 でも正直に言おう。
 この作品を「北村薫」さんが書いていなかったら図書館で借りた本だけど私は読み終えたら、
 「投げていた」
 と思う。
 「北村薫」さんの持つ色合いが作品世界を包み込むからこそ、あのストーリーとラストを受け入れる事が出来たと思う。 

 だからと言って面白くないのではない。面白いのではある。

 ただ個人的な意見として真理子も彼女の家族も物分りが良すぎる感じが否めない。
 勿論それぞれが葛藤はあるけど私的には物足りなく感じる。 とりあえずは受け入れるという姿勢があっさり過ぎて。
 私が真理子の娘だったら、母親が「わたしは17歳」と言ってきたらまずカレンダーで今日が4/1でないかどうか確かめた後、病院へ連れて行く。
  
 真理子も、もう少し我がままでもいいんじゃないかと思う。
 42歳の自分の目の前にはかつての美しい自分に良く似た娘がいて、その娘はこれから自分がもぎ取られた美味しい時間を生きていく。その事に対する、失われたものに対する慟哭がもっとあってもいいような気がした。

 そこの辺りに歯がゆさを感じるが、これこそ北村薫印だともいえなくもない。

 でも真理子の目の前にある「今」を懸命に生きようとする姿勢には励まされる。

 「 17歳→42歳の時間のスキップ」 というのは残酷である。
 あらゆる可能性を持っていた未来は奪われ、限られた選択肢しか残されておらず、勿論ピチピチの肌は失われ、しわやたるみが出てきて身体も衰えている。 

 それでも真理子は「今」を投げ捨てない。

 「わたしはとにかく生きている。だから、頑張ろうとしているのだ。わたしの指揮官はわたし。指揮官が試合放棄をしていいはずがない」

 「昨日という日があったらしい。明日という日があるらしい。だが、わたしには今がある」
 

 この作品を読んでいて自分を愛し、人を愛し、今を前向きに生きられるのなら、人はどんな所でも、どんな事があっても生きていける のだなと思った。

 17歳の真理子がスキップした年齢に近づいてきて、目尻や、髪の毛にそれまで「見慣れぬ形跡」がチラホラと見え始めている。。。。
 真理子のように着地点としてそれらを受け入れていけたらいいなあととりあえず自分を励ましてみる。

ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
 
| 北村薫 | COM(3) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。