12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-08-15 (Sat)
   

 この物語は「私は、かつて晩年を迎えたことがある」で始まる。

 10歳の夏休みに伯母の家で飼われていた「チロ」という犬に手を噛まれる。
 噛まれたことでもショックな私に更に追いうちをかけたのが、テレビで犬に噛まれた人間が半年後の潜伏期間後に狂犬病になって死ぬマンガを見てしまったこと。
 「私」は自分も狂犬病になって死ぬと思い込んでしまう。
 そして私の「晩年」が始まった。。。。
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~   「ぼくは勉強ができない」の記事でも書いたけど山田詠美さんはタイトルの付け方は抜群だと思う。
 どのタイトルも彼女ならではのセンスの良さで、図書館で彼女の本のタイトルを目にすると、
 「お持ちかえり!!!」
 したくなる。今回お持ち帰りした本がこの「晩年の子供」である。

 この作品風に書き出すと、
 「私は、かつて晩年を意識したことがある」 

 「晩年」という程強いものではないけど、最初に「死」というものを自分に標準を当てて考えたのは「ノストラダムスの大予言」を知った時だと思う。
 恐らく1990年より前に生まれた人なら意識した人もいると思う。
 「1999年に地球は滅亡する」 

 単なる都市伝説に過ぎなかったけど、それでも子供時代にその予言の存在を知った時は、「私は27歳で死ぬのか。。。。」 とセンチメンタルになったものだ。死ぬには若すぎるとも思った。
 どなたかもおっしゃっていたけど、「ノストラダムスの大予言」を意識して育った世代とそうでない世代では何か決定的に違うものがあるというのは同意する。
 信じるとか信じないは別としても、その予言によって大なり小なり自分の「死」という意識を持たされてしまう。
 その意識は麻疹のような流行病っぽいけど、それでも何も知らない意識には戻れない。

 「晩年の子供」を読みながら久しぶりに「ノストラダムスの大予言」を思い出した自分に笑った。
 2000年代に入ってからはとんと思い出すことがなかったので。
 
 主人公の「私」が狂犬に噛まれてもうじき死ぬとと思い込み、自分を取り囲む小さな世界で悲しんだり、苦しんだり、いとおしんだりして心を使っている様はなんとも言えない懐かしさを感じる。
 そういえば子供の頃は本当にまだ未開拓な自分の狭い世界の中で些細なことであれこれと思い悩んだものだ。
 自分の世界が大きく開かれる前の子供時代というものは、ばからしさといとおしさの紙一重でもある。
 
  「私」が飼い犬に噛まれても予防注射を打っているので狂犬病になることはない事を知り、悩んだ数日間をバカバカしく思いとっととそんな記憶を脱ぎ捨て日常に還っていく様は子供の持つ現金さという感じだ。

  「ノストラダムスの大予言」が単なる与太話としか思わなくなってからは私はとっとと晩年の意識は脱ぎ捨てたけど、バカバカしいと思いつつも1999年を通り過ぎた時に妙に安心感を持ったのも事実である。
 
 私の本当の晩年の意識の終焉はミレニアムの夜明けと共である。

ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
 

 

スポンサーサイト
| 山田 詠美 | COM(5) | TB(0) |
2009-05-02 (Sat)
 

17歳の時田秀美は勉強は出来なくても、女性にはもてる。
 父親はいないけど、理解ある年上の彼女の桃子さんや男好きだけどキレイな母親や還暦という言葉を知らない溌剌な祖父に囲まれて、今いる秀美の世界は温かなものだった。
 ちょっと変わっているけど、でも大事な事はちゃんとよく知っている秀美の周囲の同級生とのやり取りを綴った青春ライフ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 山田詠美さんの作品は私のお肌に合うものと合わないものに真っ二つに割れる。完全恋愛系の作品は全くダメで、こういうそれ以外の世界が描かれた作品はお肌にフィットする。
 同じ作家さんでここまで作品の合う合わないがあるのはめずらしい。
 だから彼女の作品を読む時はちょっとした賭けになる。果たしてこの作品は私の肌に合うかどうかと。

 もともと山田さん(苗字だけだと別の人に思える。。。)は題のつけ方がシャレている方だけど、この作品のタイトル「ぼくは勉強ができない」はやられたという感じで、
 「座布団10枚持ってきて!!!」 
 と言いたくなる。
 このタイトル見た瞬間、絶対に面白いと確信した。そしてそれは裏切られなかった。

 この作品に出てくる秀美や同級生の言葉は、
 「あった、あった、あった」
 とかつての自分もこういう事を思ったり、考えたりしていたなと10代の頃(ああ遥か昔だ)の自分を思い返した。
 改めて振り返るとあの頃は自分の世界を創り上げていた色んなパーツが、時を経て振り返るとなんと他愛のないものだったんだろうと思う部分もある。それでもあの頃はその世界が全てだったし、ガキなりに真剣だったよなとこそばくなる。

 赤ペンが側にあったら線を引きたくなるほど言葉の宝庫だけど、次のセリフは使い方によっては劇薬である。
 「どんなに成績が良くて、りっぱな事を言えるような人物でも、その人が変な顔で女にもてなかったらずい分と虚しいような気がする」
(文字を太く、大きくすると更に迫力ある。。。。)

 「あ~言っちゃったか」と思った。この言葉は言われた側のどんな反論も無効にしてしまう程の威力がある。
 まさしく取り扱いを注意しなければいけない劇薬である。このセリフを言われたら三日間は布団に入って泣き暮らしそう。
 でもこの言葉はカッコいい山田詠美さんだからこそ書いていいセリフだと思う。 彼女だからこそ「おっしゃる通りです」とひれ伏してしまう。

 この作品を読み終えた時「男の子っていいなあ」と思った。

 ある一定の期間、年齢の時に呼ぶことが許される「男の子」という時代。
 この記事を読まれた男性の中には「現実は違うぞ」とか言われそうだけど、勿論あくまでもこれは「小説」という事がわかっていても、それでもなんか羨ましくなった。

 「男の子」と呼ばれる時代は他の年代よりも少しだけ自由に飛びまわれる羽があるように思う。
 勿論「女の子」と呼ばれる時代も、その時にしかない特権があるのはわかっていても私はその自由に飛び廻れる羽の方が羨ましいと思った。

 それは私が絶対に「男の子」にはなれないからかもしれない。

ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  

 

 
| 山田 詠美 | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。