12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-10-30 (Sat)
 

 6つの癒しの物語。

「大川端奇譚」
 明美は物事を精進する意味での「ある道」を辿って生きてきた。それは「セックス」。
 とにかく彼女は相手が複数でも女性でも外でも薬を使ったりとあらとあらゆることをした。肝臓を壊してしまうまでのあるひとときの間そのことに情熱を傾けていた。
 そして明美はもうすぐ結婚をする。相手は葬式で出会った亡くなった人の息子で互いに一目惚れであった。
 新居となる住まいの側には大きな川があった。何故だか彼女はその部屋にいると何をしていても川の流れを気にしてしまう。それは自分が何かを忘れ去っているような感覚であった。
 明美の結婚を知ったかつての遊び相手と仲間からコンタクトがある。それは懐かしさと愛おしさを憶える女性からの祝福の電話と、同時に明美の結婚を非難する男性との再会であった。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
よしもとばななさんは今でも好きな作家さんの1人である。
 関西在住だが「よしもと」と聞けば「新喜劇」という言葉より「ばなな」さんの名前が浮かぶし、図書館で彼女のコーナーは必ず立ち寄る。
 ただここ最近彼女の昔の作品を幾つか読み返しているのだけど「昔は良かったなあ~」とふと遠い目をしたくなる。

 決して今が駄目というわけではない。
 私は最近の作品も幾つか記事に取り上げていているがやはり彼女独自の世界観は愛おしい。
 でも上手く説明出来ないけど、ばななさんのストーリーテラーとしての職人芸は「アムリタ」までだったんだろうなと解釈している。それ以後はストーリーという軸の面白さが弱くなったかなあ。
 物語の創り手としての才能と独特の世界観を構築する二つ才能のうち「アムリタ」以後は後者が濃厚になったせいか、作品がばななワールドという「型」若しくは「様式」的になり過ぎたせいか、「物語」としてのパンチが弱まったような気がする。
 
 随分前書きが長くなったけど、この「とかげ」は彼女のストーリーテラーとしてのエッセンスが味わえる短編集だと思う(「アムリタ」前の作品)。
 ばななさんのこういうボクシングで言えばジャブ的な作品は結構私は好きである。長編のどこか別世界へと連れて行くパンチ力もいいのだけど、短編のいい塩梅に力が抜けているような所がまた違った旨みを出していると思う。

 迷っている人達の希望へと世界が変わる瞬間が優しいタッチで描かれている。
 最近夜明けを迎えたばかりの私(多分夜明けだと思うしそう願いたい)には馴染みを感じる感覚である。そういってのって意外にあっさりなのである。非日常として組み込まれているといより日常の一コマとして「ある」感じ。
 文中に「何も考えたり苦しんだりしなくてもただどんどん流れては正しい位置に注ぎ込まれて行くのかもしれない」とあるが、「何も考えたり苦しんだりしなくても」とまでは思わないがたしかに「流れ」というものは最終的には正しいルートへ注がれるのかもしれないと今は思う。
 その正しい位置へと導くものは何かと問われたら、それはばななさんの言葉を拝借すならあとがき(この人のあとがきはいつも作品の一種かと思うような出来栄え)にある言葉「自分、という意識をとにかく続けて行く事」かもしれない。

 だから「大川端奇譚」は明美が一番自分という意識を続けている感じがして、この作品が一番お気に入りである。彼女の場合はちょっとその手段が普通ではないけど、それでいながら自分をブレさせない様が好きである。それは強さなんだろうけど、力むわけではない肩の力を抜いたような加減がイイ感じである。 
 
 遠い目をしないように目をパッチリ開いて最近の作品も読もうと思う。

 ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
| よしもとばなな | COM(2) | TB(0) |
2010-09-08 (Wed)
 

 智明は不倫相手が自殺するという人生最悪の時に、同じように夫と子供を失った為に人生最悪の時の馨と出会う。それは偶然というより奇跡に近い出会いであった。
 共に大事な者を失った者同士が喪失感に苦しめられながらも、互いの存在に慰められながら共に生きる時間が動き始めて行く物語。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 よしもとばななさんの作品の中で私にとって2TOPは「キッチン」(心のキューピーコーワ)と続編の「満月」である(取調べ室ではないがカツ丼)。
 個人的にはこの二つの作品はよしもとばななという才能の一番絞りな作品だと思っている。彼女の才能の最も煌きのある部分をうまく引き出せた味わい深い旨みがある。

 でも何気に「サンクチュアリ」は気に入っている。上記二つが「一番絞り製法」作品なら、この作品はめずらしく男性主人公の三人称視点の書き方で「特殊製法的」な作品である。
 ばななさんの作品は正直「人が書けている」作品では無いと思う。人のあるポイントをフォーカスし拡大して書かれた感じがする。だからキャラクターは魅力的だけど「まずこういう人間は現実にはいそうにいないだろうなあ」人達なのである。
 でもこの作品の登場人物は現実にいてもおかしくはないなというリアルさがあって、他のばななワールドとは一線を画している(当社比)。
 ばななさんの才能の箸休め的な作品のような感じがしてお気に入りである。

 智明も馨も大切な人を失いその喪失感に心は日常から逸脱した世界を彷徨っている。その2人が必死に絶望から日常に戻る姿はツクリゴトの世界であっても愛おしく感じる。
 何があっても生きる方向へと向う指針を持つような馨の強さは素晴らしい。生きていく能力も持って生まれた才能と呼べるものかなとも思う。
 智明が馨と出会ったのは彼女が秘技「ひとり泣き」をしている時であった。馨はただひたむきに泣く、誰かに何とかして欲しいというのではないまっさらな泣き方をして自分をあやす。
 私は基本的に泣かない。心の病の最悪な時期につらくて散々泣いて「泣くのは嬉し涙と感動の涙のみ!!!」と決めて以来「泣かない女」なのだ。
 でもそろそろ自分に泣く事をゆるしてもいいのかなとこの作品を読んで思った。自己憐憫の涙ではなく、馨のように自己の糧となる涙ならありかなと思う。
 
 もう1人のヒロインである智明の不倫相手である友子という存在が凄く光っている。
 馨は全世界を失っても生きる事をあきらめない自分をやり抜く強さを持った女性である。
 でも友子は自分の世界に入った亀裂に耐えられずに全世界を放り出してしまう。
 智明が出会った高校時代の彼女は何でも思い通りになる位輝いた特別な存在であった。だが夫の浮気をきっかけに思い通りに行かない現実に打ちのめされる。
 例え絆創膏(ばんそうこう)だらけになってもある程度は傷を負う事は必要なのかもしれない。そうすれば傷を上手く処置する方法をちゃんと身に着けていくはずだから。
 友子が傷の痛みに負けて自分を損なっていく姿は可哀想で切なかった。 

 2人の対照的なヒロインを智明を軸として照らし合わせるのは上手いと思う。
 
 「幸せなもの」をいとおしむ余裕を取り戻していく智明と馨に、何があっても自分を捨てなければ生きていけるものだと思わせてくれた。 
 

 ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| よしもとばなな | COM(2) | TB(0) |
2010-08-04 (Wed)


弥生は優しい両親と魅力的な年子の弟哲夫と幸福な生活を送っていたが、彼女はいつも自分が重要な何かを忘れているような感覚がずっと抜けずにいた。
 そして今回おばであるゆきのの所へ家出する事になって何か大きな変革の予兆を感じ取っていた。
 おばのゆきのは30歳になったばかりの音楽教師で美しさをやぼったさで覆い隠してかなり変わった人であったが、何故だか弥生はそれ程親交のない彼女の事がよく理解できていた。
 ゆきのと過ごすうちに弥生は自分がここに来たかったのだと痛感し、失っていたもの取り戻した時おばのゆきのが実の姉である事を思い出す。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
「哀しい予感」はお肌の曲がり角前に読んだ本である。
 以前の記事にも書いたがこの作品は私にとって二番目に読んだよしもとさんの作品だけど、正直全然ビンッと来なかった。
 当時、読み手の私側の受け皿が容易されていなかったのもあると思う。
 ただよしもとさんの他の作品と比べて「健全」な感じというのだろうか、美しいトーンでひたすら奏でられていてうっとりしなくはないのだが彼女の良い意味での「不健全」さが好きな私には物足りなさがあった。

 でも改めて今回再読してみると、以前より作品の細胞が自分にリンクする部分はあった。
 変わり者たが美しい女性であるゆきの。彼女は自分なりのスタイルで生きていてそれは端からみたから「秩序の無いものぐさな生活」だが、彼女の美しさのせいなのかそれとも彼女の持つ光のある空気のせいか、全てが満ちたりた美点に映るのが素敵である。もし自分にブレる事の無い芯の強さがあったらそんな風に生きてみたいと思わせてくれた。
 そして血の繋がらない弟で「カッコイイ男」の哲夫。個人趣味で恐縮だが「血の繋がらなカッコイイ異性の兄弟」というのは密かに憧れである。幼い頃から女性として見られていて告白されるのは胸が躍るシチェーションである。
 家族のような情愛もあるが決して家族では持ち得ない愛情がある、そういう微妙な距離感が堪らないのだ。

 もっとも一番ツボだったのはプリンを大きなボウルに作ってれんげで食べるシーンだったりするけど。
 
 アマゾンのレビューにもあったが一つ一つの設定は割と陳腐なのだけど、よしもとさんの感性がそれらを美しい宝石のような輝きのあるものにしており文章力が本当に冴えている。キラキラした美しいものが好きな人には受けるのではないだろうか。
 ただストーリー自体というか作品世界はキレイだけどそのキレイさが作品の面白味を限定している気がする。まあ、この辺りは好みの問題になると思うが。

 私が好きないつも「よしもとワールドにあるピース」はあるのだけど、残念ながらこの作品においてはそれは別世界を垣間見るはしごにはならなかった。「キッチン」とか「うたかた」等の作品は読んだ後は、短期間だけど自分がいる世界がとても愛おしく美しく感じさせてくれる。
 自分の感性(心)がクリーニングされ、 感覚を研ぎ澄まさせてくれた事によって自分の世界を短時間でもブレさせてくれるのだ。私はよしもとさんのそういう好きなのだと改めて再確認とた。
 この作品のキラキラひかる部分が眩し過ぎて光明を見えなくさせていると思う。

 まあ単に私が捻ね者なんだろうけど。

 ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| よしもとばなな | COM(2) | TB(0) |
2010-05-15 (Sat)


 テトラの幼少期の宝物のような思い出は初恋の珠彦と過ごした日々であった。

 父親の事業の失敗で夜逃げするはめになり、生木を裂かれる思いで珠彦との平凡なに日々に別れを告げざる終えなくなる。
 夜逃げした先の群馬で落ち着き所を見つけてからは何度も遊びに来てくれてまた幸福な日々を取り戻したかに見えた。
 だが今度は珠彦の家の事情で彼はハワイへと移住する事になった。テトラにとってつらい現実の日々と距離が珠彦との仲を疎遠にさせた。

 やがてテトラは大人になり自分の力で自由に生きれる力を身につけていた。
 ある店でかかっていた曲の詩を聴いて驚く。何故ならその詩は夜逃げの際にテトラが珠彦の家のポストへ入れた別れの手紙だったからだ。その曲を歌っているヨシムラユキヒコにメールを送り事情を問う。。。
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
 よしもとばななさんの作品はたまに読むと『イイ感じ』である。
 ばななさんは人生というか世の中における「キーポイント」をわかり易い的確な言葉で表すのが非常に上手い。村上春樹さんと肩を並べる位上手いと思う。
 だから読んでいると「ああ、そうだよな」と要点を教えてくれ、また今現在の自分の心構えが間違っていない事を再確認出来るのが嬉しい。
 ただ「アムリタ」以後は頻繁に読みたい作家さんではなくなった。「アムリタ」までで色んなスタイル(表現方法)をやり尽くされた気がする。
 それ以後の作品は入れ物が違うだけで、中に入っている物は一緒という感じがしてしまってマンネリ感を感じてしまうようになった。

 この作品は簡潔にまとめると「初恋同士の焼きぽっくりに火」の物語である。
 でも珠彦の方は初恋を凄く大事に自分の心の中の宝石箱に入れていて、ようやく再び始められた事に舞い上がっているのに対して、テトラの方にも感動があるものの冷静な感情を持っているその辺りの齟齬が面白かった。
 幼い頃は珠彦のある意味完成形のような性格に魅力を感じていてそれも現時点では同様ではあるが、完成形故に変わらない珠彦が素晴らしいと思いつつも、それが故に一生分かり合えないという事も悟っている。
 こういうのはありがちだなと。男性はメルヘンでも女性は現実的だったりする。 

  「世界は恋愛だけでできてやしないんだ、そんなに雑なものではないんだ、もっときめ細やかな夢のようなもので、ひとつの糸は必ず布全体につながっているんだ」 
という下りを読むと「ああ、ばななさんはやっぱりばななさんだ、ちゃんと押える所がわかっているなあ」という安心感を与えてくれる。

 今回非常に私事の感想を述べてしまうのだが、読んでいて「今を創ることが未来を創るのだ。」という言葉がむちゃくちゃ響いて来た。
 目新しい言葉ではなく今まで何回か目にしているのだけど、今回は私の心へ「ずん」と入ってきた。  
 悩んでいたり、迷ったりしてる時に、たまたま見たり聞いたりした言葉がスポットライトを当てたかのように意味を持って飛び込んでくる時がある。
 この言葉は今の私へのメッセージのような気がした。
 勿論それは単なる思い込みだろうという突っ込みがきそうですが、自分がそう思い込みたいのならそれでいい。
 結局の所「今を前向きに生きて、今を消費するしかない」のだなと改めて感じた。
 どんなに迷っても、悩んでも、結局それしかないという事実、ここに帰って来るしかないのだなとしみじみ思った。
 これが私の原点なんだと思う。 

 自分の原点を再認識させてくれたばななさんには感謝である。

 ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

| よしもとばなな | COM(6) | TB(0) |
2009-10-28 (Wed)
 

  「満月」は「キッチン」(心のキューピーコーワ)の続編。

 えり子さんが気の狂った男に殺されてしまう。
 既に田辺家を出て自分の世界を生きていたみかげであったが、今度は大事な人を亡くした雄一の為に再度戻ってくる。
 もう以前と同じ世界を取り戻す事が出来ない場所で、互いの間に漂う喪失感や不安を恐れそこから逃がれようともがきながらも、光のある方向へ向おうとする2人の姿が描かれている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私はよしもとさんの衝撃のデビュー作「キッチン」よりも続編の「満月」の方が好きというひねもんだ。
 「キッチン」は愛する者を無くした喪失感を癒す物語だったけど、「満月」は愛する者を無くした者がその「喪失感」潰されそうになりながらも生きていこうとする再生物語といえる。
 
 この物語においてえり子さんという存在は偉大すぎて、その輝きが喪われた時の喪失感が痛い。
 架空の人物のはずなのにその「喪失感」が私の心にも響いた。
 でもみかげと雄一がなんとか明るい方へ明るい方へとはうように生きる姿が愛おしい。
 
 この作品で一番印象に残ったのが次の言葉である。
 「世界は別に私のためにあるわけじゃない。~自分では決められない。だから他のことはきっぱりと、むちゃくちゃ明るくした方がいい、って。」
 これは首がもげそうになる位同意する。
 自分を巻く世界が容易に変えられないのなら、自分のいる世界は明るく生きて創り上げたいと私も思う。
 でもそう思えるようになったのは苦しみの闇の深さにうんざりし、明るさの持つ救いを知り開き直れたからだ。
 
 この作品は「食べ物」に関する描写がよく出てくる。
 みかげ自身は料理研究家でありそれに関わるシーンや、みかげが作った大量のごちそうを2人は食べまくり飲みまくるシーンが出てくる。
 食べ物に関するシーンは暗いトーンの中で力強さを感じさせる。
 そういう描写を読んでいると生きることはつまる所食べることだなと思った。食べるという行為に生命が宿っているのだと感じる。
みかげも雄一もその生命感によって支えられる。

 ラスト辺りでみかげが「めぐり会いのようなすごい美味しいカツ丼」を食べる。
 そしてそのカツ丼を持って失われそうな雄一との繋がりの糸を手繰り寄せようと会いに行く。
 雄一君がみかげに言ったセリフ。
 「こんなカツ丼は生涯もう食う事はないだろう。・・・・・大変、おいしかった」
 このシーンを読んで
 「ああ、カツ丼が食べたい!!!」 
 と心底思ってカツ丼食べに行った。普通に美味しかった。
 
 五感に訴える物語は凄いと思う。
  

指の運動をお願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
 

| よしもとばなな | COM(4) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。