123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-06-12 (Sat)


 ジャスシンガーとして生きる杏子には暗い過去があった。
 暴力団員である元夫の石神には精神と肉体共にボロボロにされ、なんとか離婚できてようやく新たな人生を歩み始めたばかりであった。
 杏子にはある特殊な能力が有り、だがそれは石神から受けた精神に歪みを起こさせる暴力がきっかけとなり目覚めた能力であった。
 その能力とは「場所」に残された声を頭の中で聞き自分の口を通してその声を再生出来るというもの。
 杏子にとっては忌まわしい能力であったがあるきっかけで警察に知られ、その後も何度も捜査に利用しようと協力を求められる。
 杏子は苦渋の選択でその要請に応じるが。。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 柴田さんの作品の出来は大波小波と波がある場合が多いが、この作品は中波位で波から落っこちる事なく一応乗れている感じである。
 中波と評したのはもっと良い作品になる余地があるのに各々のピースを活かしきれていないような箇所もあり、それと少しご都合的な所もあって惜しいなあと思う。

 私は基本的に日常に出てくる超能力者の話しは好きではない。
石ノ森章太郎氏のかの名作「幻魔対戦」や大友克己氏の「AKIRA」のようなパラレルワールド(超能力者がいても違和感無い設定)における超能力の話はワクワクドキドキして好きなのだが、ベランダに干された洗濯物や買い物かごに入った白ねぎ(あくまでも私の中の日常のイメージ)が出てくるような日常における超能力者というのはなんだか不似合いで反則技のような気がしてしまうのである。

 それでもこの作品を私が受け入れられたのは元々杏子は超能力者ではないが理不尽な経験によるトラウマで能力を目覚めさせられ、その能力に苦しみながらも自分自身の弱さと戦う一人の女性の再生の物語という日常的な題材が着地点となっているからだと思う。
「超能力」はあくまでもその為のモチーフという位置づけで、超能力者同士の仁義無き戦いなど出てこないのだ。
 面白い事に杏子の再生を示すバロメーターのように、彼女の能力は物語が進むに従って残響を捉える能力が変化していく。
 最初は恐怖というバイパスが必要な為か元夫である石神が一緒でなければ発揮出来ない能力であった。
 だがいつまでも彼に縛られたくないという意志が、自分と同様の悲惨な仲間を見つけるという逃避で残された「声」を聞くのではなく誰かの為に役立ちたいとい前向きな使い方になっていく。
 また仕方なく捜査に協力していた杏子だが事件と向かい合うたびに、その事件の真実に触れその悲しさと残酷さにもまれているうちに皮肉な事にたくましくなっていく。
 こういう気持ちの変化のディティールが丁寧に書かれておりそれは読み応えがあった。

 ただそういう部分がメインだから超能力を使って解決する事件そのものはそれ程ひねりがなくあまり面白くこの辺りは残念である。
 ここが活きていたら大波へ昇格なのだが  

 杏子を取り巻く人間模様は中々に面白い。
 密かな思いを抱くが妻子持ちであるピアニストの東海林や自分とは正反対の強い意志を持つ女刑事の葵。そして石神。
 脇が魅力的だとやっぱり物語は映える。
 特に一番興味深かったのは石神で、最初は悪いやっちゃと思っていたが実際悪い奴なのだけど型にはまった悪キャラではない。
 ラストのラストで石神にまつわるエピソードを、この連作集のタイトルとなっている「残響」を上手く織り込んだのはなんだかジーンと来てしまった。

 心憎い締めであった。

 ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
| 柴田よしき | COM(2) | TB(0) |
2010-04-07 (Wed)
 

  丸の内のオフィス街にある小料理屋「ばんさい屋」。
 そこには笑顔を絶やさない控えめな女将と、何となく懐かしい味の白いご飯が欲しくなる「おばんさい」があった。
 店に集うお客達の人間模様が抱える謎を女将が鮮やかに紐解いていく。
 殺された常連客の最後の行動を推理する「桜夢」、子供の毒殺未遂事件「愛で殺して」等の幾つかのミステリー連作集でありながら、且つ女将自身が隠してきた過去が話が徐々に明らかになってくという仕掛けも持った傑作集。

 「聖夜の憂鬱」
 ばんさいやの12月。
 長崎真奈美は二ヶ月前からお店に顔を出し必ずかぼちゃの煮つけを注文していた。
 だがたまたまその日はかぼちゃの煮つけが売り切れ、来店した真奈美は代わりにお酒を注文したがあまり幸福な飲み方ではなく女将はそれが気にかかった。
 偶然街中で彼女と会った女将はこの前のお酒を飲んだ事情を聞かされる。
 真奈美が幼い頃に父親がイブの夜ホームから転落して亡くなっていた。その日父親が彼女へのクリスマスプレゼントの為に買った赤い大きな箱は盗まれてしまい遂に真奈美の元へ届く事はなかった。
 それ故真奈美はクリスマスを憎んでいた。だがそんな彼女にある奇跡がもたらされる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 この「ふたたびの虹」は柴田さんの作品の中で一番自信を持って他人に勧められる作品である。
 勿論彼女は他にもたくさん秀作はあるのだけど割と好き嫌いにわかれそうな色を持った作品が多い。
 だがこの作品はそういった色合いはなりをひそめて万人受けしやすい作風に仕上がっている。 

 「聖夜の憂鬱」の主人公である真奈美はクリスマスに起こった不幸の為に、みんなが幸福に浮かれるクリスマスを憎んだまま大人になってしまう。
 だがクリスマスを楽しい日に変えられる出来事が起こる。
 ネタバレになるので控えるが真奈美にもたらされた奇跡は実は女将の粋な計らいであり、それが心憎いのである。
 この作品を読んで結局の所物事に対する事実は一つだけど、真実というのは幾つかあっても良いのではないかと思っている。
 それが事実かどうか関係なく、その人にとっての真実であればそれが真実いいんじゃないのかなと感じた。
 事実は変えられないが、自分の思いは変えられる。 

 こういった「ばんさい屋」に集う人々の人間模様の面白さだけではなく、その時々の旬の食材を使った料理を上手く作品に絡めている。それがこの作風を支える味になっている。
 桜飯、マツタケの土瓶蒸し、たんぽぽの根のきんぴら等の美味しい食べ物の描写がぞくぞくと出てくる。今こうやって書き出しても美味しそうだけど、読んでいても本当に美味しそうであった。
 食べ物の場面を美味しく描くのは簡単なようで実はなかなか難しいのではないかと思う。単に状況描写だけではお腹は空けない。筆力が感覚に訴える部分を持っていないと読む者が「お腹空いた」にはならいだろう。
 ああ柴田さんてやっぱり力のある人だったんだなと再認識させられた。 

 美味しいものを食べると幸福感に包まれる。その幸福を思う時やっぱり人って食べて生きていく生き物だなと思う。
 だからこの作品を読んでいるとこんな店があればなあという気持ちがふつふつと沸いてくる。
 友人ではないが楽しい一時を共有し合える顔見知りと、美味しい食べ物と、心地よい空間。おまけのようなささやかなでもちゃんとした幸福感を感じさせてくれるお気に入りの店。お店に通う登場人物達が本当にうらやましいと思った。

 この作品は結構珠玉の言葉が盛り込まれている。下の言葉もイイ。   
 「人の一生は、その中にいつも幸福と不幸を取り混ぜて持ち合わせ、泣き顔と笑い顔を忙しく交互に繰り返し、やがて時が経ち、どちらの時間がより長くても、最後には、黄昏れてゆく陽射しの中でこうして横たわってその時が終わるのを待っている。
自分の中にその時が訪れた日、自分のそばにこうしていてくれる人を持っていられたなら、それほど完璧な一日はたぶん、ない。」

 人生色んな事があってもゴールに辿り着けば全てがひとつになって受け入れて最後を迎えられるのだろう。
 そう考えると悪くないもんだなと思う。 

 ダイエット中以外の人にはお勧めである。


 ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
| 柴田よしき | COM(8) | TB(0) |
2009-09-30 (Wed)


 私立探偵だった夫の下澤貴之が突然失踪した。
 事故なのか事件なのか何の手かがりも見つけられないまま下澤唯は夫の跡を継ぎ私立探偵となる。十数年以上様々な事件に関わりながら貴之の行方を捜す日々にやがて転機が訪れる。
 偶然貴之の姿を見かけ、その関係者を辿っている内にどうやら彼はなんらかの事件に巻き込まれ逃亡している事を知る。
 そして夫貴之には一緒に逃亡している女性がおり、そしてその女性との間に娘をもうけている事実に出会ってしまう。
 それでも貴之に会うために唯は彼を捜し求め遂に後一歩の所まで手繰り寄せる。。。。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 この「回転木馬」は「観覧車」という作品の続編である。
 前作が私立探偵となった唯とその関わった事件が主軸であったのに対して、こちらは大本命の失踪した夫貴之の関わりが主軸になっている(この「回転木馬」だけでも独立した話になっている)。
 
「私、待つわ~、いつまでも待つわ~♪」と歌ったのは『あみん』だけど、男性歌手で「僕は待つよ~♪」と歌ったのは聞いたことは個人的にない。
 やはり待つのは女性ならではなのか。

 主人公の唯は能動的に「待つ」女性ではない。夫の跡を引き継ぎ私立探偵をしながら夫を十数年以上探す。でも心の中では夫が戻ってくるのを「待つ」女性でもある。
 だから女性はこの作品を読んで染み入る部分があると思う。ただ男性は共感しにくい作品かもしれない。男の人は現実を選び取ると思うので、ここまで女性を待ち続けたりしないと思うから。

 夫が生きており、そしてある女性と逃亡している事実を掴む。すなわち夫が生きているということはなんらかの形で自分を裏切っているのだとわかっていてもそれでも唯は探し続ける。
 それは「逢いたいんです」という思いだけでを歩き続けたのである。彼女がひたすら貴之の面影を追うストーリーは胸に切なく迫ってくる。
 でも読んでいて文中の言葉にもある通り彼女は幸福ではないだろうけど、不幸というのも違う気がしてくる。
 何故ならそこまでして会いたいと思える「相手」が唯にはいるのだから。

 ただ若干ネタばれになるが唯の夫の貴之は結果的に唯を裏切った形にはなるが、愛情自体は裏切ってはいないのである。
 彼が何もかもわかった時は後戻り出来ない状況が出来上がってしまっていた。
 ある事件に巻き込まれてしまいどうしようもない運命の流れの中彼なりに懸命ではあったのだ。

 お互いに愛情を持ちながらも抗いがたい運命にもまれてしまう二人が哀しい。

 唯は貴之をあきらめたらきっと楽だっただろうなと思う。
 あきらめないというのは結構しんどいもんである。私自身「あきらめない」ことがこんなにもしんどいものとは思わなかった。
 あきらめたくない事に出会って初めてあきらめないことのつらさを感じている。
 それまでは割と簡単にあきらめていたのでわからなかった。

 だから文中のこの言葉は心に赤チンを塗ってもらった気がする。
 「もしかしたら明日、いや、今日にでも、あなたの人生に差し込むかもしれない光を、わたしは信じたいと思います」
 「あきらめない」ことに悩み続けながらも、その光を私も待ってみようかなと思う。

 唯の「待ち」続ける人生に光が差し込むラストシーンにホッとした。

ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


 
| 柴田よしき | COM(4) | TB(0) |
2009-07-25 (Sat)
   
 「おむすびころりん」

 多美の昼食は具の入っていない海苔を貼り付けただけの塩むすび一つだけ。
 彼女がダイエットを始めたのは、片思いの布川恭助の婚約者相馬絵里が美しく変貌した事に気づいてから。無理なダイエットのせいか嫉妬のせいなのか多美の頭の中では絵里が死ぬ想像が四六時中巡る。次第に膨れ上がる妄想に自分がおかしくなっていく恐怖に囚われてていくが。。。

 ふとしたきっかけで同僚の窓際族である島野と親しくなるが、ある時「私は死神」だと告げられる。
 そして三日後に想い人の布川恭助が死ぬと。半信半疑ではあったが多美は恭助の代わりに自分が死ぬ事を希望する。
 残された僅かな時間を想う時、女手で自分を育ててくれた母親に会いたくなり会いに行く。
 
 他一遍を含む。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 死神と言えば鎌もった姿を想像するが、この本に出て来る死神はごく普通人の姿をしている。
 それが妙な親近感を抱かせてくれる。
 
 同じ死神をモチーフにした作品に伊坂さんの「死神の精度」がある。
 やはり読んでいるのでどうしても比べてしまうけど、あちらはユーモアがあって「死」というものを淡々と扱っている感じでそこが面白く、こちらは若干暗めで「死」というものにもう少し踏み込んだ感じである。
 評価としては「死神の精度」が良いみたいだけど、私的にはおむすびの具が違うと同じおむすびでもこうも味わいが違うもんだとどちらも美味だった。 

 多美が「死」というものを意識した時、彼女を取り巻く世界は姿を変える。
 ぐっと生きている時間の濃度が濃くなる。
 本当は人は生まれた時から「死」へのゴールに向かっているはずなのだけど、やっぱり普段はそれを忘れて生きているから普通の日常が薄くなるのは仕方ないのかもしれない。

 「死」というものの存在を再認識した時、「生」が愛おしくなる。
 そう考えると決して「死」という概念はネガティブなものだけではなく、もっと豊穣なものも有しているのだと思う。
    
 読んでいて思ったのは島野は死神というよりカウンセラーのようである。
 島野は多美に言う。
 「生きるということにおいて、本当に大事なことはひとつだけだと、私は思いますね。おむすびが転がりだした時、考えなくてはならないのは、そのおむすびを拾うこと、だけなんです。」 

  ようするに「おむすびを拾うこと」=「生きること」なんだろう。
  どうしても人間としてのクセなのか拾う前に色々考えてしまう。何故転がったのかとか、拾った方が良いのかとか。
 満たされないからこそ「生きる意味」を模索してしまうのだろう。
 おむずびを拾えばいい、拾えば。そしてそのおむすびの味を堪能すればいいのだ。  

 今私が手にしているおむすびがどんな具が入っているのかはわからない。 
 けれど自分が今手にしているおむすびの味をじっくり堪能したいと思う。

 ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。 お願い致します。
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
 
| 柴田よしき | COM(2) | TB(0) |
2009-03-21 (Sat)
 

『天才刑事』とやっかみと賞賛を受ける麻生は、大暴力団の幹部が何者かによって殺された事件を担当する。
 その事件の最中に、彼が10年前に婦女暴行未遂で逮捕した青年山内と再会する。当時は泣き虫なインテリ青年だったが、再会した彼は悪魔のようにズル賢い、男娼上がりの美しいやくざへと変貌を遂げていた。
 一体、何があったのか?
 やがて麻生は事件捜査の過程で、山内の転落のきっかけとなったあの事件が冤罪である可能性を知る。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 これは間違いなく柴田よしきさんの最高傑作だと思う。
 出会う事なく大往生する事にならなくて良かった。出会えて幸運だったと思えた本。
 
 この作品を読むまで実の所、柴田さんから少し遠ざかっていた。その当時は私と柴田さんの作品の巡り合いが悪かったせいか、あまり自分の中に残る作品がなかった(今は相性バッチシなんですが)。
 だから最初も「ふんふん」といった具合に読み進めていたが、だんだん「おおお」と物語の世界に吸い込まれるように夢中になっていった。

 たくさんの登場人物が出てくるがどの人物も魅力とそれぞれの物語を持っており読み応え十分。
 加えてストーリーの運びが上手で過去と現在を行ったり来たりしながら、幾重にも張り巡らせた人間模様が、様々な複雑で魅力的な模様を見せる。それが巧みだ。

  読んでいて何よりも心を揺さぶられたのは、何の罪もない、何の責任もない事で、地獄の底を這いずり回らなければならなかった人間の深い孤独と絶望が柴田さんの見事な筆力によって胸に迫り切なかった。
 本当に切なかった。

 「人が人を裁く」事の難しさとその矛盾  

 本来人を裁く事が出来るのは神様だけなんだろうけど、勿論そうは言ってられないので人が裁くシステムが存在しているけど、人間だから絶対に間違いを犯さないという事はそれも絶対無理なわけで。でもそのシステムは必要なんだよなあ。どうしても。
 私は今まで「疑わしきは罰せず」というのには反対だった。「え~、それじゃ確実な証拠なければ罪に問われないのはズルくないかあ」と思っていた。
 でもこの作品を読んで、罪ある者が裁かれないのも怖いけど、もっと怖いのは罪なき者が裁きを受ける方がずっとずっと怖いのだと知った。
 
 この作品は基本はミステリーだけど、ミステリーとしてだけでなく「恋愛小説」としても楽しめて、一粒で何度も美味しい作品である。
 BLな所があるのでそういう類が全くダメな人は難しいとは思うが、「人が人を思う気持ち」というものがとても愛おしく思った。全てを抱え込んで愛し合う事を選んだ2人がとても愛おしく思えた。

 読後、暫くはこの物語の世界から抜けれんかった位衝撃の一冊だった。

ランキング落ちているので、ぽちっと押してやって下さい。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  

 

 
| 柴田よしき | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。