123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2010-12-12 (Sun)


  1823年11月、凍てつくウィーンの街で1人の老人が自殺をはかった。「許してくれモーツァルト、おまえを殺したのは私だ」、老人は浮わ言を吐きながら精神病院に運ばれた。数週間後、元気になった老人は神父フォーグラー(リチャード・フランク)に、意外な告白をはじめた。--老人の名はアントニオ・サリエリ(F・マーリー・エイブラハム)。かつてはオーストリア皇帝ヨゼフ二世(ジェフリー・ジョーンズ)に仕えた作曲家だった。神が与え給うた音楽の才に深く感謝し、音楽を通じて神の下僕を任じていた彼だが、神童としてその名がヨーロッパ中に轟いていたウォルフガング・アマデウス・モーツァルト(トム・ハルス)が彼の前に出現したときその運命が狂い出した。-gooより







 「アマデウス」はまだ私が10代の頃に見たので相当うら覚えの作品である。
 でも相当心に残っている作品でもある。凄く様々な要素が上手くエンターテイメントとして結晶された作品だったと思う。史実の乗っ取った完全な創作だけどここまで割り切って娯楽作品に仕上げているのはブラボーである。

 この作品を見るまでモーツアルトって高潔な人格者のイメージだった。まだまだピチピチの頃の薄い脳みそだったせいか、天才の偉人伝の読み過ぎだったのかはわからないけど、「天才」というのはそういうイメージがあった。
 それがあんな馬鹿笑いする変わり者だったいうのがちょっとカルチャーショックだった。とあるレビューで「一般の人々のモーツァルト観を激変させた功績があることも確かである」とあったがやはり私だけではなかったんだと思った。
 さすがに最近は天才というのは一種の変り種というのがわかっているけど。

 モーツアルトは天才と言われている。でも私は音楽が数学より成績が良くない音楽音痴なので「へえ~そうなんだ」という認識しか持っていない。
 彼の曲は普遍的な曲というかどこかで聴いた事のあるようなでも多分どこかで聴いたわけでもない、でもすっとすぐ馴染む曲である。ベートベンとか他の音楽家が作曲した曲は「創作した苦悩」がそれなりに感じられまたそれが作品とての味になっているのだろうけど、モーツアルトの曲はそういう苦悩を微塵も感じさせないような気が個人的にはする。
 映画でも譜面の中身は訂正・加筆の跡が無いという事でサリエリがショックを受けるシーンがあるが、こういう人が神様に愛された、選ばれた人間という事なんだろうなあと思う。

 サリエリは凡人という秀才。決して、決して神の手帳を覗く事の出来ない一般ピープル。
 この人の視点から「アマデウス」という作品を創ったえらい人達は本当GJ。その対比が故にエピソードが際立ち、だから退屈する事なく物語を引っ張ってこれたと思う。
 私は彼の選ばれなかった者の「いじけぶりの自己陶酔」を見ているの凄い面白かった。他人がいじけるのを娯楽作品の一環として見るのは楽しいなあと根性曲がりの私は思う。対岸の火事的な野次馬根性が刺激されるとも言える。
 
 でも神様に愛されるというのは幸福なのかなあとも思う。勿論サリエリからしてみればモーツアルトの才能は悪魔に魂を売ってでも欲しいとは思うけど、天才は天才なりの苦悩も悲劇もあるんだろうなとは思う。
 何故なら神様に愛された世界というのは多くの人間とは違う領域にいる、そういう者が持つ孤独や苦悩は私等には理解出来ない。天才より圧倒的に凡人が多いんだし。

 贔屓されているように見えても人間というのは存外平等に出来ているのかなあと思う。


指の運動にポチッとお願い致します。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
| 映画 | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。